【CT70】情報まとめページを作りました >>>

「黒」で差別化。メゾンマルジェラ『ジャーマントレーナー』の詳細・サイズ感をレビュー。

メゾンマルジェラ・ジャーマントレーナー

永遠の定番スニーカーともいえる
『ジャーマントレーナー』

コンバース・オールスター (チャックテイラー) や、アディダス・スタンスミスのように
「定番品」として愛されている一方、

良くも悪くも「匿名性」が高いため
一見すると違いがよくわからない。

今回はそんな「ジャーマントレーナー」の中でも頭1つ抜けた存在、

『メゾンマルジェラ (Maison Margiela)』の
ジャーマントレーナーについて。


こんにちは、イシキ (isiki6) です!

スニーカーといえば、スポーツで使用される (された) モデルが大半を占める中、ミリタリーをルーツとする「ジャーマントレーナー」

そういった意味でも、
“他とは違った毛色を持つスニーカー” の1つ。

加えて「ジャーマントレーナー」が商標ではないため、多くのブランドが同じ名前と (ほぼ) 同じカタチでリリースしている特殊なスニーカーでもあります。

 

そんなジャーマントレーナーを先駆けて
“ファッションアイテム” に昇華した
メゾンマルジェラ (Maison Margiela)。

今回はジャーマントレーナーの頂点ともいえる
『マルジェラ・レプリカ / ジャーマントレーナー』のサイズ感や特徴をご紹介したいと思います。

ジャーマントレーナーとは

ジャーマントレーナー

そもそもジャーマントレーナーとはどんなスニーカーなのかを簡単に。

ご存知の方は飛ばしてしまって大丈夫です!

 

ジャーマントレーナーとは
1970年代から1980年代にかけて西ドイツ軍で使用されていたトレーニング用の訓練靴。

軍規格 (ミルスペック) のモノなので、
商用品としての装飾的なデザインではなく、

耐久性や機能性などの “実用面” に特化したシンプルな靴になっています。

アッパーはスムースレザーとスエードを組み合わせたものが基本で、これも高級感ではなく耐久性を保つため。

ホワイトのスムースレザーとグレーのスエード

ホワイトのスムースレザーとグレーのスエード

無駄を排したミニマルなデザインとなっているためシンプルで合わせやすく、
現代ではスマートで都会的なスニーカーとして人気を博しているんですね。

ジャーマントレーナーの特徴

  • デザインがミニマル
  • 訓練靴のため、ローテクなのに履き心地がいい
  • 合わせるパンツ・ボトムスを選ばない
  • とにかく長持ち (経年変化が楽しめる)

ちなみに、当時支給していたのはPUMAとadidasだと言われています。

どちらもドイツのメーカーですね!

adidasは現代でも「サンバ」などに面影が残っているのも面白いところ。

人気カラーは屋内用

ジャーマントレーナー屋内用カラー

ジャーマントレーナーは色で用途 (特徴) が分かれています。

中でもよく見る、
人気カラーが「屋内用」カラー

ジャーマントレーナー屋内用カラー

・ホワイトが訓練兵
・ブラックが指導者や階級の高い兵

という説が有力だそうです。

特にホワイトは「ジャーマントレーナーと言えば」というくらい代表的なカラー。

ソールは屋内でも食い付きがいいようにガムソールになっています。

マルジェラのジャーマントレーナー「Replica」

マルジェラ ペイントジャーマントレーナー参照:https://www.maisonmargiela.com/jp

「ジャーマントレーナー」と言えば必ず名前が上がるメゾンマルジェラ (Maison Margiela)。

というのも、
今のジャーマントレーナーの人気や認知度、
もっと言えば

“ファッションアイテム” として昇華させたのがマルジェラ。

2002年コレクション、
マルジェラがジャーマントレーナーを初サンプリングしたことが爆発的な人気となり、
のちに数々のブランドがジャーマントレーナーをリリースする “先駆け” となったのは有名な話。

 

そんなマルジェラのジャーマントレーナーは
「Replica (レプリカ)」というシリーズで
毎シーズン定番展開しています。

Replica (レプリカ) シリーズ
世界中のヴィンテージアイテムから「これは素晴らしい」というモノをマルジェラの解釈によって再構築、忠実に再現された高級ライン。
レプリカシリーズは香水も人気。
インソールに縫い付けられた「REPLICA」タグ

インソールに縫い付けられた「REPLICA」タグ

「ミリタリーシューズ」ではなく、
「スポーツシューズ」と記載するあたりが
マルジェラらしいですね。

 

マルジェラのジャーマントレーナーは
カタチも製法も、当時のまま忠実に作り込まれていることでも有名ですが、

オリジナルとは素材がまるで違います。

素材に「ラムスキン & カーフスプリット」と
書かれている通り、どちらも高級素材。

カーフレザーに関しては最高級の一番上澄み部分を使っているこだわり様。

さすがにハイブランドのクオリティです。

マルジェラは他に「素材違い」「色違い」「加工違い」とバリエーションを豊富に出しているので、今回紹介する「オールブラック」なんて選択肢もアリ。

 

ただ1つ難点を挙げるとすれば価格が高い。

海外から輸入しても最低4〜5万…

ジャーマントレーナーのブランドでは
マルジェラの他に「タナカユニバーサル」や「REPRODUCTION OF FOUND」が有名どころ。

どちらも間違いないブランドなので、まずはそちらから試してみてもいいかもしれません。

created by Rinker
German Trainer(ジャーマントレーナー)
created by Rinker
REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)

マルジェラ「黒」のジャーマントレーナー

黒のジャーマントレーナー

黒のジャーマントレーナー

今回ご紹介するのはオールブラック、

黒のジャーマントレーナー

定番ホワイトは被りやすいことと、
せっかくのマルジェラなので素材違いを履きたい。

ということで今回は
【ブラック・シルク素材】に。

黒のジャーマントレーナーも人気が高いので、
よかったら参考にしてください。

フォルム

タグ番号は22番
「女性と男性のための靴コレクション」

No.22「女性と男性のための靴コレクション」

No.22「女性と男性のための靴コレクション」

全体の外観

全体のフォルム

完全に黒一色。

素材の切替も目立たないので
モノトーンな服装にも合わせやすい。

上から

上から

正面

正面

インサイド

インサイド

アウトサイド

アウトサイド

後ろから

後ろから

ソール

ソール

完全に真っ黒なジャーマントレーナーも悪くない。

というか、
かっこいいと思ったから買ったわけで。

スムースレザーのブラックとはまた一味違った雰囲気を持ってますね。

次は細部、特徴と違いについて見ていこうと思います。

特徴と違い

ジャーマントレーナーは商標ではないため、
どのブランドもほとんど同じカタチ (デザイン) になっています。

なので、ここではマルジェラ特有の違いやディティールをご紹介します。

 

まずは「シュータンのカレンダータグ」

シュータンの「カレンダータグ」

シュータンの「カレンダータグ」

いきなり見辛くて申し訳ない…

全体が黒なので肉眼でも見えづらいほど。

15番あたりが辛うじて写ってる…かな…

よく、

「マルジェラ・ジャーマントレーナーの見分け方は、シュータンにカレンダータグが縫い付けられてること」

と言われますが、
実はもう一つわかりやすい違いがあります。

それが「バックのストレートステッチ」

バックの「ストレートステッチ」

バックの「ストレートステッチ」

マルジェラのアイコンともいえるステッチ。

素材は別として、
この「カレンダータグ」と「ストレートステッチ」が見えないとなると
よっぽど好きな人以外、見分けるのは確かに難しい。

ビジュアルとしての大きな違いは残り1点、

「ソールの刻印」です。

ソールに「カレンダータグ」が刻印

ソールに「カレンダータグ」が刻印

中央、土踏まず辺りに「カレンダータグ」
親指の下辺りに「22」が刻まれています。

最もわかりやすいけど、最も見えづらい場所。

そして最も消えやすい…。

正直、シューグーで保護するか迷いどころです。

そして、
上で紹介した「REPLICAタグ」がインソールに縫い付けられています。

インソールに縫い付けられた「REPLICA」タグ

インソールに縫い付けられた「REPLICA」タグ

タグには

Style description:Men’s sports shoes
Originally:Lambskin and calf-split
Provenance:Austria
Period:70’s

「70年代オーストリアのメンズスポーツシューズ」と記載されています。

インソールは柔らかいレザー素材。

着脱はできない仕様です。

 

写真だけではわからない特徴として、
「履き口が柔らかい」という点も見逃せない。

履き口ヒール部

履き口ヒール部

柔らかい!

柔らかい!

履き口に柔らかいレザーを使うことで
履きやすい上に新品でもアキレス腱が痛くならない、という実用性。

それと、細かい話ですが
形状が掴みやすいこともあって靴ベラなしでもスッと履くことができます。

高さがあって掴みやすい

高さがあって掴みやすい

 

最後は機能面での特徴。

マルジェラのジャーマントレーナーは
シューズの内側にエラスティックゴムが入っているので、紐なしでも履くことが可能。

内側のエラスティックゴム

内側のエラスティックゴム

表側も

表側もアッパーとシュータンが繋がってる

紐アリ・紐ナシ、どちらでも履ける

紐アリ・紐ナシ、どちらでも履ける

普段はレースアップ、気分を変えたい時はスリッポンとして。

さすがはマルジェラ、
実用性も兼ね備えながらとてもシックで上品にまとまっています。

メゾンマルジェラ 黒のジャーマントレーナー

今回の黒のジャーマントレーナーは
定価で8万2000円ほどですが、
シーズンモデルのためセール対象になっていることも。

よかったらぜひチェックしてみてください!

ジャーマントレーナーのサイズ感

ジャーマントレーナーのサイズ感

購入する際、最も肝心なサイズ感について。

ジャーマントレーナーは細身のスニーカーなので、フォルムを崩さないよう紐をキュッと締めて履くのが個人的にオススメ。

まずサイズ表から見ていこうと思います。

サイズ表

ジャーマントレーナー サイズ表

上のサイズ表はMaison Margiela公式のサイズ表。

 

横幅が細身なので、足型にもよりますが、日本人に多い幅広の足であればジャストサイズにするとキツく感じる人が多いと思います。

幅の狭さでいうと、コンバースをイメージするとわかりやすいかもしれません。

そのため、
ジャーマントレーナーのサイズ選びでは

フォルムを崩さないよう、
幅広・甲高であれば0.5cm〜1cmアップがオススメ。

ワタシは1サイズアップの【EU43.5 / 28.5cm】で購入。

実際に履いたサイズ感はこのような感じ。

サイズ感:前後

前後

サイズ感:左右

左右

サイズ感:歩いた時の見え方

歩いた時

1サイズアップしても見た目はこれくらい。

紐を締めているので足にピッタリフィット。

歩きにくかったり、かかとが抜ける心配もありません。

ローテクスニーカーの中でも
履き心地は最高ランク。

 

また、感覚が近いと感じたので
コンバースCT70の同サイズ (28.5cm) と大きさ (ボリューム) の比較をしてみました。

よかったら参考にしてください!

上から

上から

横から

横から

後ろから

後ろから

つま先 (トゥ)

つま先 (トゥ)

どうでしょう。

ジャーマントレーナー単品で見るより
イメージしやすくなってれば幸いです。

ジャーマントレーナーの方がやや高さがありますが、
幅を含めた全体的なボリュームはコンバースにかなり近い。

 

なので、
コンバースCT70を所有している方は、
CT70と同じサイズで問題ないと思います!

マルジェラの偽物には注意

今更ですが
マルジェラは人気の高いハイブランド。

こういった人気ブランドの宿命で、
やはり偽物 (スーパーコピー) が多く出回っています。

ポンポン買える金額ではないので、
ついメルカリやオークションに目が行ってしまいますが、

ハイブランドのスーパーコピーは素人が偽物を見分けるのはかなり難しいので、正規の取扱店で購入するのが結局一番安心。

 

【偽物なし!メゾンマルジェラ(Maison Margiela)のオススメ通販6選】記事の中でも紹介していますが、

最後にワタシが購入しているサイトをざざざっとご紹介します。

上記は全て【本物・正規品】の取り扱いショップなのでご安心を。

また、各ショップの詳細 (送料や支払い方法など) は記事内で紹介しているので、よかったらあわせてご覧ください!

まとめ

メゾンマルジェラ・ジャーマントレーナー

メゾンマルジェラの定番名作
『REPLICA ジャーマントレーナー』のご紹介でした。

やっぱりシンプルなスニーカーは使いやすい。

マルジェラのジャーマントレーナー、
オススメです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"