【新作21ssモデル】CT70レザーの魅力。アディクト レザーとの比較も。

CT70 レザー
URLをコピーする
URLをコピーしました!

「あれ、これCT70の中でも
結構ベストバイなんじゃ…」

そう思わせてくれるほど、
このレザー、

いいぞ!

21ssレザー:ハイカット

 


こんにちは、イシキ( @isiki6)です!

21年は1月から新作ラッシュが続き、
発売のタイミングをズラしながら
ちょくちょく追加で新作が登場しているコンバースCT70

 

【CT70】21ss新作まとめ
あわせて読みたい
【21ss コンバースCT70】新色・新作・コラボまとめ!ついにレザーハイカットも登場! 【5月26日新作追加】 ここ1年で一番種類と在庫が豊富なんじゃない? そう思うほど、かなり久しぶりにラインナップが充実している USAコンバース チャックテイラー『CT70...

 

新作・新色の数、在庫の数ともに
かなり久しぶりに絶好調なCT70ですが、

やっときました、

【レザーのハイカット】

21ssレザー:ハイカット

21ssレザー:ハイカット

 

ちょうど1年前の20ssでもレザーモデルは登場していましたが、
なぜかローカットのみのリリース。

それが今回、待望のハイカットで登場!

…待ってたよ。

 

レザーということは経年変化が楽しめる!
履けば履くだけ味が出る!
となれば

「ボロボロになるまでちゃんと履き潰したい」

 

いつも通りアーカイブ的な意味も含め、
今回はそんなCT70のレザーモデルをレビューしたいと思います。

大きなお世話なんですけど、
これ、本当にオススメです。

※レッドはメンズページのみでの取扱いとなってます!

目次

【21ss】CT70レザー ハイカット

CT70 レザー

外観・全体像

今回のCT70ハイカット・レザーはブラックとレッドの2色展開。

仕様自体は共通していますが、
両方の型番 (箱) から見ていこうと思います。

まずはブラックのレザー。

ブラック

ブラック

ブラックの型番は【170369C】

続いてレッドのレザー

レッド

レッド

レッドの型番は【170370C】

ちゃんと連番になってるんですね!

もし二次流通で購入する場合は
偽物をつかまされないよう型番には注意してください!

また、素材はレザーですが、
サイズ感に関しては定番 (キャンバス) のCT70と全く同じなので、いつものサイズで大丈夫。

CT70のサイズ感について
あわせて読みたい
【完全保存版】コンバース CT70 のサイズ感を徹底比較!サイズ表記と失敗しない選び方について 【11月17日 情報更新】 今、もっとも人気のスニーカーといっても過言ではないUSAコンバースチャックテイラー【CT70 (Chuck70)】 基本的に日本の店舗では正規ルートでCT7...
あわせて読みたい
コンバースCT70のサイズ感。ハーフサイズ(0.5cm)でどれだけ違うか比較してみた【レビュー】 CT70は海外通販だから余計に、 サイズ感、サイズ選びで失敗したくない。 少しでも大きくしちゃうと、 見た目のバランスが悪くなるかも… コンバースCT70のサイズについて...

 

そして本命、
スニーカーの外観・全体像を2色続けてどうぞ!

ブラック:上から

ブラック:上から

ブラック:前から

ブラック:前から

ブラック:インサイド

ブラック:インサイド

ブラック:アウトサイド

ブラック:アウトサイド

ブラック:後ろ(ヒールパッチ)

ブラック:後ろ(ヒールパッチ)

レッド:上から

レッド:上から

レッド:前から

レッド:前から

レッド:インサイド

レッド:インサイド

レッド:アウトサイド

レッド:アウトサイド

レッド:後ろ(ヒールパッチ)

レッド:後ろ(ヒールパッチ)

共通:アウトソール

共通:アウトソール

おぉ〜!

レッド関しては本当に「真っ赤」

これだけでもご飯が何杯かいけそうですが、
さらに細部のディティールをチェックしていきます。

細部のディティール

CT70 レザー

色は違えど仕様は全く同じなので
ここからはブラックをメインにご紹介しますね!

ヒールパッチ

まずはみんな大好き
【三ツ星 ヒールパッチ】

ヒールパッチ:凹凸あり立体フォント

ヒールパッチ:凹凸あり立体フォント

今回も
【凹凸あり立体フォント】という仕様。

最近、定番以外はずっとこのヒールパッチなので、当分は変更しないのかな?

インソールと生産国

インソール

インソール

生産国:ベトナム

生産国:ベトナム

【インソール】は黒に変更され、
【生産国】は今回もベトナム。

ちなみにインソール・生産国、
どちらもレッドレザーと共通です!

ライニングとステッチ

ライニングとステッチ

ライニングとステッチ

インソールだけではなく、
ライニングも黒に変更されています。

20ssのローカットレザーのインソール・ライニングは定番と同じ生成りだったので、
今回のハイカットレザーはこのあたりが少しアップデートされていますね!

20ssレザー:ローカット

20ssレザー:ローカット

また、ライニングが黒になったことで
プレイヤーズネームはにチェンジ。

プレイヤーズネーム

プレイヤーズネーム

過去の「83カモ」も同じ配色、すごく良かった!

83カモ

83カモ

同じ黒 / 赤

同じ黒 / 赤

外見からはわかりづらい部分ですが、
こういった違いが好きなメンズは多いハズ。

 

そして【ステッチ】について。

外観が定番キャンバスの黒や赤より少しシンプルに感じるのは
【ステッチ】がアッパーと同じカラーになっているため。

通常は白の糸ですもんね!

サイドステッチが

サイドステッチが

アッパーと同色

アッパーと同色

ステッチがアッパーと同色になったことで
少し、でも確実にミニマルな雰囲気になっています。

モノクロームなんかもそうですが、
シチュエーションによってはステッチが目立たない方が使いやすいこともあるので、
もしかしたら、定番ブラックよりも出番が多くなる…かも!

レザーの質感

最後は大トロ。
【アッパーレザー】の質感を御覧ください!

レザーの質感

レザーの質感

シボ感

シボ感

たまらない…

シボ感や光沢などレザーのクオリティ
また静止画からでも “素材のやわらかさ” が伝わると思います。

定番のキャンバスよりやわらかいので、
極端ですが
初日からしっかり足に馴染んでくれる。

CT70レザー

履き込むたびに味が増え、
革の醍醐味経年変化も楽しめる。

しつこいようですが、

今回のハイカットレザーは本当にオススメ。

CT70レザー:ハイカット

 

SSENSEで在庫確認

CT70とアディクト(ADDICT)の比較

CT70 vs ADDICT

CT70 vs ADDICT

ここからは
おまけのような内容ですが、

CT70とアディクト (ADDICT) を見比べたい と思っている人も多いはず。

なので、
今回はどちらもレザーハイカット、
CT70とアディクトを比較してみたいと思います。

過去にも【CT70とアディクトの違い】をまとめているので、よかったらこちらも読んでみてください。

CT70とアディクト
あわせて読みたい
コンバース『アディクト』と『CT70』の違い。復刻チャックテイラーの選び方 コンバース偏愛のみなさま、こんにちは。 最近オレンジのチャックテイラーが気になっているイシキ (isiki6) です。 さて、さっそくですが 街で見かける「コンバースが妙...

 

ではさっそく比較!

全体シルエット:横から

全体シルエット:横から

向かって左がアディクトで、
右が今回のCT70。

さすがにどちらもキレイなシルエットですね。

シュータンの長さがハッキリと違いますが、
あまり興味がない人から見ると何が違うのかわからない…のかもしれません。

 

あっ、
アウトソールは完全に違います。

アディクトはビブラムソールを搭載しているので、スペックにおいてはCT70よりアディクトが強い。

アウトソールの違い

アウトソールの違い

 

続いて上から!

全体シルエット:上から

全体シルエット:上から

ちょっと細かく見てみましょう。

ライニングとプレイヤーズネーム

ライニングとプレイヤーズネーム

チャックテイラーの大きな特徴
【右足のプレイヤーズネーム】はアディクトも同じ仕様。

逆に、
違いが出やすい細部はこんな感じ。

トゥの比較

トゥの比較

ラバーの光沢、色合い、厚みなど
比べてみるとやはり違いがハッキリと表立ちます。

トゥキャップの比較

トゥキャップの比較

さきほどと左右が逆になってしまい申し訳ないです。。

左がアディクト、右がCT70。

CT70のトゥキャップは
ヴィンテージライクに小さくスマート。

間延びしないようにデザインされているので、純粋に “見た目” の面では改めてCT70は強いと感じます。

 

次は「後ろ」から見てみましょう。

全体シルエット:後ろから

全体シルエット:後ろから

うん、結構違う。

特に気になるのが
【ヒールパッチ】の違い

ヒールパッチの違い・比較

ヒールパッチの違い・比較

たびたび逆になってすみません。。

ヒールパッチは大きさ、フォントが全然違いますね。

アディクトのフォントは旧モデルのCT70フォントに近い。

左:CT70 右:アディクト

左:旧CT70 右:アディクト

 

最後はアッパーの【レザー】を比較。

レザーの比較

レザーの比較

外側 (アンクルパッチがない方)

外側 (アンクルパッチがない方)

同じレザーアッパーでも全く違うレザーなので、どちらが良い・悪い、という判断はできませんが、

“やわらかさ” から来る足のフィット感は
今回のCT70レザーの方が上。

反対にアディクトのレザーは硬めなので
時間をかけて自分の足に馴染んでいくタイプ。

どちらも甲乙つけ難い!

どちらのレザーもGood

ワタシは個人的にシボ感のあるレザーが好きですが、

21ssではスムースレザーのCT70も登場。

Grain All Leather:グレインオールレザー

「スムースレザーの方が好き」なんて方は
合わせてぜひチェックしてみてください!

CT70レザーのまとめ

CT70 レザー:ハイカット

購入から少し時間が経ってしまいましたが、
やっとレビュー記事にすることができました。

最初は「食べたいくらい好きです」とか「舐め回したいレザー」とか、
思いの丈をそのまま書こうと思ったんですけど、純粋に気持ち悪い。

なのでかなり控えめに書いておりますが、
これは歴代CT70の中でもかなり気に入ったモデル。

もし迷っているのであれば、
全力で背中を押します。

ドン!!

 

長ーく履きたいので、シューグーと防水スプレーを忘れずに!

よく一緒に読まれている記事
あわせて読みたい
偽物なし!コンバース『CT70』を日本語で輸入できるオススメ通販サイト 【11/28 情報更新】 【CT70について追記情報】 【9/28】ついにSSENSEでもCT70の購入ができなくなってしまいました…そのため、追って (改めて) 今後も情報更新をしていこ...
あわせて読みたい
【完全保存版】コンバース CT70 のサイズ感を徹底比較!サイズ表記と失敗しない選び方について 【11月17日 情報更新】 今、もっとも人気のスニーカーといっても過言ではないUSAコンバースチャックテイラー【CT70 (Chuck70)】 基本的に日本の店舗では正規ルートでCT7...
あわせて読みたい
コンバース ハイカットの靴紐を変えるならコレ。長さの問題も解決! 定番のローテクスニーカー『コンバース オールスター』 復刻チャックテイラー「CT70」の存在もあって、 最近はじわりじわりとコンバースの人気が再熱していますよね。 &...
あわせて読みたい
コンバース『CT70』の履き心地をさらに良くする方法&注意点をレビュー! 日本で売っている通常盤のコンバースと比べ、 「履き心地がいい」と言われているUSA版 復刻チャックテイラー『CT70』 新品に初めて足を入れた瞬間の ふわふわの履き心地...
あわせて読みたい
【保存版】シューグーの「使い方」と「コツ」を解説!スニーカーのかかとを保護しよう! スニーカー保護・補修の代名詞 『シューグー (SHOE GOO)』 靴は何年も履いているとどうしても ソールの "かかと" から擦り減ってダメになってきてしまうもの。 「 "かか...
あわせて読みたい
最強の防水スプレー『crep (クレップ)』の使い方と効果・注意点をご紹介! スニーカー好き御用達ともいえる "最強" 防水スプレー 『crep protect (クレップ プロテクト)』   防水スプレーのオススメを探していると、 必ず目にするのがこの...
CT70 レザー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる