コンバースCT70 x Rick Owens レビュー

コンバースCT70 x Rick Owens
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、イシキ(@isiki6)です!

コンバースCT70(Chuck70)の21AWコラボモデル
CONVERSE × RickOwens の第2弾!

第1弾のコラボモデル【TURBODRK Chuck70】はトゥ(つま先)がスクエア型にカスタムされていたので、
デザインはRickOwenseらしい反面、ノーズも長くなり「普段履きがしづらい」という賛否両論を生んだモデルでしたが、

第一弾コラボ【TURBODRK Chuck 70】
第一弾コラボ【TURBODRK Chuck 70】

今回はラウンドトゥ!

やっぱりトゥが丸いと履きやすい
やっぱりトゥが丸いと履きやすい

RickOwensらしいデザインと普段履きのしやすさ、
双方をキレイにまとめ上げたアップデート仕様!

出ると信じて待っててよかった・・

第1弾を見送った人も、第2弾はかなり気になったはず。

CT70が本格的に手に入らなくなる日もすぐそこまで迫ってきているため、
定番CT70に近い【ブラック・ローカット】をご紹介しようと思います。

コンバースCT70 x Rick Owens
ブラック・ローカット

記事の後半では『定番CT70との比較』をしているのですが、
感覚的には定番の黒ローカットの上位互換みたいなイメージ。

今回レビューするローカットモデルの他に、
現在はハイカットも出ているので、気になる方はチェックしてみてください。

ではさっそく見ていこうと思います!

\ ラストチャンス /

目次

コンバースCT70 x Rick Owens レビュー

コンバースCT70 x Rick Owens

外観・デザイン

いつもどおり、
まずは恒例の箱 (シューズボックス)!

箱・デザイン
箱・デザイン
側面の(CONVERSEロゴ)
側面の(CONVERSEロゴ)
製品インフォメーション
製品インフォメーション

箱の上面にはでかでかと
【Rick Owens DRKSHDW】のコラボロゴ。

型番は【172347C】となっています。

差別化というか、リッチ仕様なのか、
コラボモデルの箱ってシルバーが多い気がする…

では本命、スニーカー本体!

正面から
正面から
アウトサイド
アウトサイド
インサイド
インサイド
後ろから (ヒールパッチ)
後ろから (ヒールパッチ)
アウトソール
アウトソール
インソール
インソール

おおぉぉ!!
カッコいい…!!

細部を見るとかなりカスタマイズされているものの、
色自体はモノクロツートンなのでガチャガチャした感じもなく、
“Rickらしさ”“コンバースらしさ” をしっかり残してまとまっています。

きっと、コンバース、ないしCT70に詳しくない人が見ても「ちょっと違うコンバースだね」くらいの印象のはず。

毎回同じようなことを言っていますが、
コラボ物は『コンバースらしさが残っていること』『派手にしすぎないこと』って大事!

シュータン (ベロ) には【DRKSTAR】のタグが縫い付けられ、
インソールには【DRKSHDW】コラボロゴがプリントされています。

製造はベトナム(MADE IN VETNAM)

では、さらに細部を見ていきましょう!

細部・ディティール

手にとって初めてわかったのですが、
実は今回のRickコラボはシューレースの色が定番とは少し異なっています。

明るいところでは違いがほとんどわからないレベルなので、
ちょっと暗めに撮影してみたのがコチラ↓

左が定番、右がRickコラボ
左が定番、右がRickコラボ

グレージュのような少しだけくすんだ色合い。

これがまたイイ。

パッと見では印象に残らない絶妙な塩梅。

また、グレージュシューレースの他に黒の替え紐が付属しています。

黒紐Ver.
黒紐Ver.
どちらも良くて迷う…
迷う…

どっちもイイ・・

けど、珍しいカラーなので一旦保存しておこうかな。

いつもどおり、コットンシューレースにチェンジ。

そして、
みんな大好きヒールパッチ!

ヒールパッチ
ヒールパッチ

Rickコラボのヒールパッチも
【凹凸ありの立体フォント】

コラボモデル特有となっている
“左右で違うデザイン” もしっかり踏襲。

左右のデザイン
左右のデザイン

最後はRickコラボ最大の大トロ、
ミッドソールやフォクシングテープなどの【ラバーカスタム】

トゥのカスタム

通常仕様のラバー部分の上から被せるように再度ラバーでコーティングされ、
さらにしっかりとカスタムパーツが縫い付けられています

ラバーカスタム

トゥ周りが特に厳重ですが、
ヒール周りもこの通り。

ヒール周り
ヒール周り

なんて言うんでしょう、

重装備仕様のCT70みたいな感じ。

実際に触るとよりわかるのですが、
もうラバーの強度が別格。

蹴られると絶対痛いやつです。

ただ、こんな重装備でもカスタムパーツと本来のミッドソールの色が同じなので、一見すると普通にシンプル。

“定番モデルと大差ない” とまではいかなくとも、
コーディネイトだったり合わせ方は、同じような使い方で違和感がないはず。

ちょっと定番CT70とも比較してみましょう!

定番CT70とディティール比較

定番CT70とRickコラボの比較
横から比較
横から比較

シュータンの長さは明らかに違いますが、
全体的な印象ではそこまで大きな違いはないのではないでしょうか。

正面から比較
正面から比較
トゥの比較
トゥの比較

トゥの厚みよ・・

ベースがCT70なのでスマートですが、
トゥだけ見ると日本のコンバースみたい。

ヒールの比較
ヒールの比較
後ろ・ヒールパッチの比較
後ろ・ヒールパッチの比較

ヒールパッチの位置は少しだけRickコラボの方が高い。

…いや、
実はもう一つ大きな違いがあるんです。

すでにお気づきかもしれませんが
アッパーのキャンバス生地が全く違うんです。

アッパー生地の比較
アッパー生地の比較

Rickコラボの方が断然厚手。

というか、完全に別物の生地です。

こういったところも重装備っぽい。

…で、ですね
アッパー生地は厚手になって、ラバーパーツが追加されたわけですから、

重さ比較
重さの比較 (片足)

片足だけで30g以上重くなってる
(※サイズUS10)

通常モデルのハイカットより重い。
結構ズッシリきます。

これ、ハイカット版だとどうなるんだろ…

…欲しくなってきたぞ…

コンバースCT70 x Rick Owens│まとめ

コンバースCT70 x Rick Owens

コンバースCT70
21AWコラボモデル【Rick Owens DRKSHDW】のご紹介でした!

駆け足になってしまいましたが、CT70が手に入る期間もカウントダウンが始まっている様子。

今回のRickコラボに限らず、
今持っているCT70はできるだけ大事に、長持ちさせたい。

改めてシューグー保護防水などのメンテナンスも忘れずに!

\ ラストチャンス /

コンバースCT70 x Rick Owens

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる