【2022春夏モデル】コンバース CT70「コーヒーナッツ」レビュー

CT70「Coffee Nut」
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、イシキ(@isiki6)です!

最近、CT70関連の記事が書きづらくなってしまったので、ライフスタイル寄りの「コーヒー関連」の記事が立て続いていたのですが…

2022春夏の新作で
“コーヒー好き&コンバース好き” には垂涎モノのCT70が登場!

CT70「Coffee Nut」

このモデル、名前も良ければ色も良い、
そしてなにより、、

大好きなスエード仕様のアッパー!!

これはもう、レビューしないわけにはいかない。

ということで、
2022春夏モデル『Coffee Nut』をレビューしたいと思います!

コラボ物ではないCT70の紹介レビューは久しぶりかも。

\ ラストチャンス /

目次

【2022ssモデル】CT70『Coffee Nut』

2022ss『Coffee Nut』
2022ss『Coffee Nut』

インラインのモデルなので、特別なにか仕様変更がされているわけではないのですが、
コンバース好き、ないしCT70好きはディティールを見ているだけでニヤニヤできる生き物

…と、いう前提で見ていきます!

外観・デザイン

毎度の通例、
まずは箱 (シューズボックス) から見ていきます。

製品インフォメーション
製品インフォメーション

コーヒーナッツの型番は【172693C】
カラーネームもそのまま【COFFEE NUT】

ではさっそく本命のスニーカー本体!

正面から
正面から
インサイド
インサイド
アウトサイド
アウトサイド
後ろから (ヒールパッチ)
後ろから (ヒールパッチ)
アウトソール
アウトソール
インソール
インソール

本当に “濃厚なコーヒー色” のCT70。

全体を覆うスエードの毛足は短く揃えられ、光沢のないしっとりとした表情。

写真では撮影時に照明を当てているので少し味気ない、というか、フラットな印象になってしまいましたが、実際に肉眼で見るとスエードの表情と相まってもう少し深みのあるお色。

新品よりもシワが出てくるくらい履き馴染んだほうが雰囲気が出るタイプの子です。

久しぶりに、はっきりと【写真 < 実物】パターンのCT70だと思います。

また、今回の製造はベトナムではなく中国。
インソールがアッパーと同じくコーヒーカラーになっているのも特徴的ですね。

次は細部・ディティールを見ていきましょう!

細部・ディティール

細部ディティール

改めて正面から。

シューレース(靴紐)やステッチの糸もすべてコーヒーカラーで統一されているので、定番のCT70よりもさらにミニマル。

チャックテイラーらしいクラシックな雰囲気を残しつつ、ブーツライクな側面もあっていい感じ。

シューレースもステッチもコーヒーカラー
シューレースもステッチもコーヒーカラー

うん、いい。

「いや、ブーツっぽさより、いつもの “コンバース感” が好き!」

という方も安心してください、
通常の白コットンシューレースも付属しているので、お好みで交換が可能です!

気分で交換もあり
気分で交換もあり
白紐バージョン
白紐バージョン

やっぱり白紐もいい…

また、アッパーのスエード革は見た目以上に柔らかく、「革が擦れて痛い」というレザー特有の洗礼はなし。

アップで見ると短く毛足の揃ったその質の良さに驚かされます。

スエードの質
スエードの質

肌触りも最高。

…なんて褒めちぎっていますが、
CT70には 【普通のモデルとちょっといいモデル、差別化の法則】みたいなものがありまして、

今回の「コーヒーナッツ」は “ちょっといいモデル” に該当していたんですね。

CT70 “ちょっといいモデル” の法則

実はCT70 (USAコンバース) は
“ちょっといいモデル” かどうかを見抜くわかりやすい法則があるんです。

といっても大げさに品質が変わるものではなく

このモデルは普通のシーズンモデルよりちょっといいヤツなのね

くらいのざっくりしたもので、該当しないモノも稀にありますが
ほとんどの場合、カラーバリエーションとは一味違うモデルになっていることが多い。

特別仕様のCT70

その法則というのが、

ライニング(裏地)・インソール・ヒールパッチ(立体)

これらが定番とは異なった仕様になっている
ということ。

例として、下にいくつか写真を用意してみました。

ライニング、インソールが定番の生成りから黒に変更されていたり、
または全く別のカラーになっている、なんてこともあります。

黒のインソール
「83カモ」黒のインソール
ピンクのインソール
「レオパード」ピンクのインソール
トリコロールのインソール
「1936」トリコロールのインソール

上のモデルはどれもコラボ物ではなくインラインから出たものですが、
通常のシーズンモデルとはちょっと雰囲気が違いますよね。

品質がよくなっているわけではないので、 “一線を画した” なんて言っちゃうと大げさですが、通常版とは少し違う特別仕様のCT70。

所有欲・コレクト欲をたっぷんたっぷんに満たしてくれること請け合いです。

そして、
今回の「コーヒーナッツ」もこの通り!

ライニングもコーヒーカラー
コーヒーカラーのライニング
コーヒーカラーのインソール
コーヒーカラーのインソール

ライニング、インソールともにしっかりコーヒーカラーで統一。

また、ヒールパッチが【凹凸ありの立体フォント】になっていることが多いのも “ちょっといいモデル” の特徴で、

【ヒールパッチ】凹凸ありの立体フォント
【ヒールパッチ】凹凸ありの立体フォント

もちろんコーヒーナッツも立体パッチ。

ここ数年はコラボモデルのヒールパッチもほとんど【凹凸ありの立体フォント】になっているので、
パッチが立体になっているかどうかでやや差別化をしているように感じます。

こういった細かい点を見ていくと、
やはり「カラバリCT70」とは一味違う!

…なんて嬉々として話していますが、
こんな違いは普通の人からすれば全っ然気づかない上に、知ったところで超どうでもいい話。
ライニングやインソールなんて、履いてしまえばそもそも見えないし!

それでも、見ているだけでニヤニヤできる、そんなあなたに届けたい。

\ ラストチャンス /

毛足で選ぶ「CT70のスエードモデル」

ここからは更に、完全に好みの話。

ワタシ、スエードのコンバースが大好物なのですが、
CT70のスエードモデルは1年に1度出るか出ないかというほど、リリース数が極めて少ないことで知られています。

また、今回の「コーヒーナッツ」は毛足の短いスエードでしたが、先日紹介した「thisisneverthat x CT70」のような毛足の長いスエードもあり、

正直、どちらも捨てがたい。

thisisneverthat x CT70
毛足の長いスエード

これは好みがわかれるところでもありますが、
毛足の長短どちらであっても「商品写真だけじゃ細部のイメージがわからない!」なんてことがないように、
最後はCT70のスエードを比較して終わろうと思います。

CT70:スエードと比較
左:短い 右:長い
CT70:スエード比較
長さの違いをアップで比較
CT70:毛足の長いスエード
長い
CT70:毛足の短いスエード
短い

ちなみにワタシはどちらも大好き。

「次はどっちが出るだろう」なんて思いを馳せながら、次回作も楽しみに待ちたいところです。

2022春夏新色CT70 コーヒーナッツ:まとめ

特別仕様のCT70

コンバースCT70の2022春夏モデル
「Coffee Nut / コーヒーナッツ」レビューでした。

2022年に入り、いよいよCT70が手に入らなくなってきているので、
今持っているCT70はできるだけ長持ちさせたいところ。

シューグー保護防水などのメンテナンスも忘れずに!

\ ラストチャンス /

CT70「Coffee Nut」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる