北欧ミニマリズムの結晶。デンマークの木製腕時計『ヴェアホイ』

VEJRHØJ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、イシキ(@isiki6)です。

最近、自分の中でまた何度目かのウッド素材ブームが来ていまして、
インテリアから小物からいろいろとウッド素材のアイテムを物色しているのですが、
今回はそのうちの一つ『木製腕時計』について。

VEJRHØJ

「北欧の木製腕時計」というジャンルでいえば、
確実に知名度・人気ともにトップ3に入る
北欧デンマークのブランド『ヴェアホイ (VEJRHØJ)』

下で詳しくご紹介しますが、
人気度に関してはもはや異次元のレベル

紹介するには少し今更感すらある有名ブランドのプロダクトですが、
「ここは通っておかないと!」ということで改めてレビューをしてみたいと思います!

タップできる目次

ヴェアホイ(VEJRHØJ)とは

掲載腕時計はVEJRHØJさんのご好意で提供使用させていただいております。

シンプル・ミニマルな北欧デザイン

まず、ヴェアホイ (VEJRHØJ) とはどんなブランドなのか。

堅苦しい説明が大好きっ子には公式サイトを読んでいただくとして、
ここでは簡単に。

ヴェアホイ (VEJRHØJ) は、
『木、ステンレス』を素材として北欧ミニマリズムを体現する、
ミニマリズムの聖地、北欧デンマークのユニセックスブランド。

ちなみに、名前 (VEJRHØJ) の由来は海岸沿いの地名から。
オフィスはデンマークの首都コペンハーゲンに構えています。

誕生が2013年なので比較的新しいブランドなのですが、
自然素材にこだわり品質と美しさを追求した結果、
2017年に革新的な北欧のデザインブランドに贈られる最高賞「Brand New Nordic」を受賞。

すべての木製部品が頑丈なダイヤルガラスの下で保護され、 ステンレス製の腕時計と同じ耐久性を備えたデザインが高評価を獲得しました。

また、世界的に有名なサンフランシスコの近代美術館ミュージアムショップでもVEJRHOJの腕時計を取り扱っているほど。

いまや「シンプル」や「ミニマル」といったテイストのデザインでは “定番であり大本命” となっているため、
「木製時計選び」では候補に挙がらないことがないと思います。

え?
腕時計に詳しくないって?

ご存じない方のために、
少しだけ人気の度合いをご紹介しますね!

クラウドファンディング「Makuake」での伝説

ヴェアホイ自体は知らない人でも、
ファッションニュースなどでこの話だけは聞いたことがあるかもしれません。

2017年にラウドファンディング「Makuake」で日本初上陸した際は
2時間で目標達成、数週間で1000万円を超える応募を記録し、

さらに第二弾の桜仕様モデル先行発表では
目標60万円に対して4,200万円以上、なんと7,000%超えの応援が集まるという異次元の人気を叩き出しています。

Makuakeでの伝説
Makuakeでの伝説

もちろん、Makuakeのアナログ時計プロジェクトでは堂々の歴代一位。
薄々お気づきだと思いますが、完全に覇王色持ちなんですね。

また、
「クラウドファンディングとかわからない!」
という人でも、↓こういったメディアや企業でピックアップされているので、いかに感度の高いブランドかがイメージできると思います。

ヴェアホイ 腕時計『桜』レビュー

ワタシが使用しているのは『桜』モデル

VEJRHØJ『桜』モデル

『SAKURA』スペック・仕様

サイズ直径:40mm ・厚さ:7.25mm
風防ミネラルクリスタルガラス
(サファイアコーティング仕様)
ケース天然木の桜
ムーブメント日本製Miyota 2025クオーツ
防水性能3気圧防水
保証期間2年間

時計の心臓ともいえるムーブメントは安心の日本製

また、文字盤を覆う風防は高級腕時計で採用されている
高硬度の「サファイアコーティングのミネラルクリスタルガラス」となっているので、
気にせず、というのもおかしいですが、神経質にならずに使うことができます。

このあたりがしっかりしているのは低価格ブランドと明確に違う点ですよね。

さらに!
素材に本物の木を使っているにも関わらず、
防水性能は一般的な腕時計と同スペックの3気圧防水。

【雨・汗・洗顔程度の水滴】のような日常使いはまったく問題なし。

冒頭で「Brand New Nordic受賞時に耐久性が高く評価された」と書いたのですが、確かに納得のスペックです。

デザイン・外観

ではさっそく本命の『桜』を見ていきましょう。

このブログでは恒例の、まずは箱から!

VEJRHØJケース
木製ケース

木製のオリジナル化粧箱。

箱の外観もそうですが、開けた状態を見ても
もう高級感というか、品質の良さが滲み出ちゃってる・・

そして時計本体。

VEJRHØJ『桜』モデル
本体裏
VEJRHØJ

うわぁ…

デザインはまさに「身につけるインテリア」

『天然木とステンレス』という異素材が丁寧に調和していてる文字盤と、
絶妙な薄さ・スリムさを保ったサイズ。

ちなみに、本体裏はデザイナーのヤーヌスさんが京都で見た桜をイメージしているそうです。

見てください、このリューズ周りの美しさ。

薄さとリューズ周り
リューズ

どう撮っても絵になっちゃう。
別にヴェアホイさんからお金もらっているわけではないんですよ。

VEJRHØJ

一見するとモダンなデザインでありながら、天然木のやわらかい、温かみのある雰囲気のおかげで
“時計をつけている威圧感” みたいなものは一切ありません。

威圧感のない着用感

服装を選ばず、とてもナチュラル。

腕時計って細かい部分、細部の美しさで語られることが多いと思うんですけど、

最終的にはやっぱり服装を含めた全体のイメージが一番重要だと思うんです。

もし上の着用写真が、
(超高級時計であったとしても)ゴリゴリでデカデカの腕時計だったら、
やっぱり “威圧” というコミュニケーションになってしまうと思うんです。

かと言って、適当な品質のチープすぎるのもきっと違う。
(あえて、とかは別ですけどね!)

そういった意味でも、
ヴェアホイの腕時計は威圧感のない上品さが極めて絶妙。

遠目で全体的に見ても、近くでまじまじ見ても
このバランスが崩れないのは本当にすごい。

使用感と着用感

大切なポイント、使用感・着用感について。

具体的にいってしまうと、
『つけていることを忘れる』くらいの感覚。

というのも、
大袈裟ではなく明確に2つ理由がありまして

1つが本革のストラップ(ベルト)ということ。

GENUINE LEATHER
GENUINE LEATHER

合皮や化繊ではないのでやっぱり本革は肌ざわり・肌なじみがよく、
手首に質感的な違和感がないことが大きい。

なんなら使い込むほどさらに馴染んでいきます。

2つ目はやはり時計本体の薄さ

腕時計をしていて違和感や「邪魔だな」って感じる瞬間て、
なにかしら手首を曲げたときだと思うんですね。

時計本体が「大きい or 厚い」と手の甲にぶつかったり、手首の皮が挟まったりして、そんなときは外したくなりませんか。

圧迫しない薄さ
圧迫しない薄さ

ヴェアホイの場合、薄さがしっかり計算されているので
着用していても日常生活で邪魔になることがないんです。

結果的に、

  • 肌に馴染んで違和感がない
  • 邪魔にならないから着けたまま生活ができる
  • というか着けてることすら忘れてる

というのが実際に感じている使用感と着用感。

デザインもミニマルで着け心地いい。
…ってなったら、そりゃカルト的に人気になるわよね。

VEJRHØJ

ミニマルなペアウォッチとして

ここで少し補足情報。

この記事を書いているときに気づいたのですが、
どうやらヴェアホイはペアウォッチとして選ぶ人も多いみたい。

でね、
ヴェアホイはユニセックスブランドなので、男女ともにつけることができるのですが、

ワタシが使用しているのはメンズサイズ(直径40mm)のモデルで、

まったく同じデザインでレディースサイズ(直径34mm)のモデルもあります。

サイズ比較
サイズ感の比較 (VEJRHØJ公式より参照)

ご覧のようにレディースサイズは一回り小さい。

なので、無理にメンズサイズにあわせる必要はなく、好みでサイズを選べます。

「小さいサイズがあるの知らなかった!」って声が散見されたので、一応ね。

専用工具不要。ベルトの調整・交換方法

最後は、ヴェアホイ腕時計の特徴的なストラップ (ベルト) の交換方法について。

ヴェアホイでは上で紹介したレザーの他にも、金属メッシュタイプのストラップも用意されています。

ストラップ(ベルト)の交換
ヴェアホイのストラップ(ベルト)

上の写真(右)がメッシュタイプのストラップ。

レザーであっても、メッシュであっても、
ヴェアホイのオリジナルストラップはクリック機構がついているため専用の工具が不要、ストラップの交換がとにかく簡単にできちゃいます。

右側にクリック機構がある
右側にクリック機構があるので
これを押しながら外して
これを押しながら外して
つけるときは左から入れて
つけるときは左から入れて
クリックを押しながらセットする
また押しながらセットする

交換完了!

ストラップの交換に1分もかからない。

「その日の気分でストラップを交換」みたいなキャッチコピーってよく聞きますが、
これくらい簡単だと本当に気分で交換できます。

ちなみに…
ヴェアホイに限った話ではなく完全に余談なんですが、

メッシュタイプのストラップの場合、
ほとんどの男性はシルバーを選ぶなか、
女性はゴールドとシルバー、両方持っていたいそうです。

「いっても【シルバー8:ゴールド2】くらいなんじゃないの」
って思っていただんですけど、本当に【5:5】らしいんです。

確かによくよく意識して見てみると、女性のゴールドの着用率って結構高い。

アクセサリーライクな使い方、上手いよなぁ…

VEJRHØJ 腕時計レビュー│まとめ

VEJRHØJ

北欧デンマークのミニマルデザイン
VEJRHØJの木製腕時計のご紹介とレビューでした。

ここ数年は家にいる時間が増えたからなのか、年齢なのか、どんどんウッド素材に惹かれてる気がする。

自然のものなので一つ一つ表情が違って、ある意味 “一点物” っていうところもいいのかも。

あ!
ヴェアホイは日本での販売代理店を介していないので、
正規品は公式サイトでの取り扱いなので注意してください!
(または伊勢丹、蔦屋書店みたいなポップアップで!)

VEJRHØJ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる