STAN SMITH “RECON” (スタンスミス リーコン) のレビュー!これこそ大人のハイエンドモデル。

STAN SMITH "RECON"

adidas (アディダス) の超定番スニーカー「スタンスミス」

2012年に一度販売が中止され、
2014年からは「復刻版」として再販されているスタンスミスですが、

再販後は “ちょっとだけ高級なスニーカー” という立ち位置になっているみたいです。

2012年までは、それこそ「どこにでも売っているスニーカー」で、
現在より価格も安く、感覚でいうとコンバースのオールスター並みに手に入れやすかったんですけどね…。

 

そんなスタンスミスですが、
大きく分けると2種類のスタンスミスが存在していて、

 

一つが、「復刻版スタンスミス」
「復刻版」「高級版」「オリジナル」など、色々な呼び方がされている
本家本元のスタンスミス。

もう一つが「ABCマート限定版」
通称「廉価版」のスタンスミス。
※でも復刻版もABCマートに売ってます。

 

復刻版のレザーは天然皮革。
対してABCマート限定版は人工皮革だったり、色味やシュータンなど所々違いがあります。

 

で!

今回レビューするのが復刻版の中でもさらにハイグレード化したスタンスミス

STAN SMITH “RECON” (リーコン)

 

「大人のための高級版」と謳っているだけあって、さすがに一味違う。

色や種類など、スタンスミス選びで迷っていたら、
多分背中を押されると思います。

大人には本気でおすすめ。

STAN SMITH "RECON"

STAN SMITH “RECON”

 

スタンスミス リーコン / STAN SMITH “RECON” とは

2018年1月登場の最新作・最高級モデル

スタンスミスは毎年新色 (とかリニューアル) が登場していて、

2018年1月に「Stan Smith “Royal Pack”」として登場したのがこのリーコン。

 

パッと見は通常スタンスミスと同じように見えますが、
アッパーに上質なプレミアムレザーを使っているのがリーコンの特徴。

通常のスタンスミスと違い、プレミアムレザーのいやらしくない微光沢や、
レザーライニング (靴内側をレザーで裏張り) による馴染みと足へのフィット感が抜群!

 

通常のスタンスミスでも文句ない出来なのに、さらに上をいく特別仕様になっています。

下の方でもう少し違いを紹介しますね。

 

ホワイトとネイビーの2色展開 (+新色登場!)

参照:adidas

参照:adidas

新色ノーブルグリーン

新色ノーブルグリーン

新作として登場したリーコンは「ホワイト」と「ネイビー」で2カラーの展開。

アッパー部分とヒールパッチのカラーがそれぞれ互い違いになっています。

 

【追記】
adidasオンラインではホワイト、ネイビーの展開が終了し、
新色『ノーブルグリーン』が登場したようです!

Amazonや楽天ではまだ在庫があるようなので、
ホワイト、ネイビーをお探しの方はお早めに!

 

【品番】
ホワイト:CQ3033 adidasオンライン:CQ3033

ネイビー:CQ3034 adidasオンライン:CQ3034

“新色”
ノーブルグリーン:AQ0868 adidasオンライン:AQ0868

 

今後、さらに他の色が追加されていきそうですね。

どちらも捨てがたいのですが、個人的にはやはり王道系がいいかなって。
スタンスミスっぽいじゃないですか、ホワイトとグリーン。
あと、微光沢とはいえネイビーはちょっと光沢感が強い気がして、ワタシはホワイトを選びました。

 

 

復刻版スタンスミスとの違い

履き心地の違いに関してはその人の主観になるので、
本人が実際に履いてみないとわからないものです。

そこで、スマホやPCなどのディスプレイ越しに見てもわかる違いを写真でご紹介します。

 

箱がすでに高級感たっぷり

RECONの箱

高級感たっぷり

 

特別仕様の箱がすでに高級感たっぷり。

上と側面に金色で「STAN SMITH」のロゴが書かれています。

 

箱の側面

箱の側面

 

アディダス定番のブルーの箱と違ってしっかり「特別感」がありますよね。

 

開けてスニーカーを出すとこんな感じ。
最初、結びは紐が水平になるシューショップレーシングになっています。

おぉ、上品

おぉ、上品

 

インソールに大きく「STAN SMITH」ロゴ

インソール「STAN SMITH」ロゴ

インソール「STAN SMITH」ロゴ

 

スニーカー単体で見ると、
一番大きな違いがこのデカデカと入ったロゴ。

箱のロゴと同じ書体が使われています。
ゴールドではなくヒールパッチのネイビーと同じ色。

ちなみにインソールの素材もレザーです。

 

履いているときはもちろん見えませんが、「特別仕様」の所有欲はバッチリ満たされるはず。

 

シュータンにゴールドの「スタンレー・ロジャー・スミス」

シュータンのゴールド「スタンスミス」

シュータンのゴールド「スタンスミス」

 

このスニーカーの名前にもなっているスタンレー・ロジャー・スミス、
通称「スタンスミス」氏のイラストがゴールドで描かれています。

 

通常のスタンスミスのシュータンは
基本的にヒールパッチと同じ色で描かれていますよね。

リーコンはホワイト・ネイビーどちらのカラーもゴールドで描かれているので、パッと見ただけでもわかる人にはわかる仕様になっています。

下が通常のシュータン。

通常のシュータン

通常のシュータン / 参照:adidas

 

ステッチを排除して “より” ミニマルに

RECONはシンプル&ミニマル

RECONはシンプル&ミニマル

 

え?
どこのステッチがないの?

 

ここです。

通常ステッチ

通常ステッチ 参照:adidas

 

よく見ないと気付かない。
けど、一回気付くと意外と目に入ります。

 

ステッチがなくなり、シンプル&ミニマルになったことでちょっとドレスライクな雰囲気に。

こういうちょっとしたところが「大人のこだわり」ってことなのかも。

気付いてからよくよく見比べてみると、確かにリーコンの方がラグジュアリーです。

 

サイドの「STAN SMITH」ロゴも排除

復刻版スタンスミスの特徴の一つ、
サイドにある「STAN SMITH」のゴールドロゴ

サイドのゴールドロゴ 参照:adidas

サイドのゴールドロゴ 参照:adidas

 

このゴールドロゴ、リーコンでは綺麗さっぱりなくなっています。

"RECON" はサイドのロゴなし

“RECON” はサイドのロゴなし

 

ステッチと同じように、
装飾がなくなった分さらにシンプル&ミニマルな印象。

 

これが大人の…
…しつこいですか。

 

でも本当にミニマルに仕上がっていると思います。
ロゴやステッチがなくなるだけでガラッと印象が変わるものですね。

 

靴裏はヌメ革のオールレザーライニング仕様

ヌメ革・レザーライニング

ヌメ革・レザーライニング

 

リーコンの特徴の一つが「上質なレザーを使用」というところですが、

ライニング (靴内側の裏張り) もしっかり上質レザー。

写真のシワからも伝わると思いますが、ものすごく柔らかいレザーになっています。

履き心地抜群!ふわふわ。

 

プレミアムレザーでシボ感が薄く、ミルキーな微光沢

プレミアムレザー

プレミアムレザー

 

これがリーコン一番の特徴。
ただディスプレイ越しだとちょっとわかりづらいかもしれません。

 

 

リーコンは公式で

「プレミアム・上質なレザー」と謳っているくらい、通常のスタンスミスとレザー素材が違います。

 

真っ白ではないホワイト

真っ白ではないホワイト

 

正式なカラー名は「ランニングホワイト」となっていて、

ピカピカの真っ白ではなく、「エクリュ」と呼ばれる淡いベージュ掛かったホワイト。

わかりやすく言うと「生成り色」みたいなものです。

ただ、
コンバースの「THE 生成り」みたいなものではなく、淡〜くベージュが乗っかってるかな、くらいの上品な色合い。

 

また、しっかりシボ感 (凹凸感) がある通常のスタンスミスと違い、

シボ感を薄くしているので色味と相まってミルキーな微光沢があります。

薄いシボ感 (凹凸感)

薄いシボ感 (凹凸感)

 

シボ加工は通常「つや消し」などに使われる加工なので、
シボ感 (凹凸) が薄くなればなるほどスムースレザー (滑らかなツルッとした革) に近くなります。

リーコンは
遠目で見るとスムースレザーにも見えて、
近くで見るとシボ感もちゃんとある

というナイスなバランス。

少し光沢がある分、大人っぽくクリーンでラグジュアリーな雰囲気が出るんですね。

 

替え紐

替え紐

 

アッパー色に合わせた生成りの替え紐がついてくるので、
好みで変更することもできます。

 

ヒールパッチのロゴはエンボス仕様

ヒールパッチのロゴはエンボス仕様

 

ネイビーのヒールパッチもプレミアムレザー。

従来であれば、ロゴが白く塗られていたのですが、
リーコンではエンボス仕様になっているので、いい意味で主張がありません。

もっと言うと、目立たない上に濃いネイビーなので光の当たり方によってはロゴ自体見えなくなります。でもそこがイイ!

 

デニムはもちろん、セットアップなどきれい目なコーディネイトでもカジュアルになり過ぎないので、スタンスミス以上に「合わない服装がない」のが “STAN SMITH RECON” の良いところだと思っています。

個人的に。

 

サイズの選び方 → 紐で選ぶ

ワンサイズアップが基準

ワンサイズアップが「おすすめ」

ではなく、

ワンサイズアップが「基準」

くらいに思っておくと失敗しないと思います。

 

というのも、
スタンスミスに限らず、コンバースなど “クラシックスニーカーあるある” なのですが

写真で見るのと実際履いてみるのとで、印象が違うってことがあったと思います。

「なんかかっこ良くない…」みたいなこと。

 

その原因は、かなりの確率で紐のフォルムがダサいから。

 

紐のフォルム / 左:スマート 右:野暮ったい

紐のフォルム / 左:スマート 右:野暮ったい

 

左右を見比べてみてください。
左の方がスマートで、右の方が野暮ったく感じますよね。

買う前の理想は左で、現実は右、みたいな。

 

日本人は足の甲が高い人が多いので、
ジャストサイズで履くと甲の部分だけがモッコリしてめちゃくちゃ野暮ったい印象になっちゃうんです。

 

なので、
よっぽどの事がなければワンサイズアップを基準に、紐の感覚を見てサイズを選ぶとほとんど失敗はしません。

「コンバースは大きめサイズを選べ!」って聞いたことがあったら、理由はまさにコレです。

 

真面目な話、
知らない人は結構ホントにここで損している事があるので、よかったら参考程度に覚えておいてください。

同じスニーカー履いているのに、
見た目で損する人と得する人がいたら勿体無いじゃないですか。

 

“RECON” はこんな人におすすめ

・オススメの白スニーカーを探している人

・何にでも合わせやすいスニーカーを探している人

・でもカジュアル過ぎない、子供っぽくなりたくない人

・同じスタンスミスでもみんなと被りたくない人

・単純にスタンスミスが好きな人

・大人っぽい落ち着いた雰囲気を出したい人

などなど。

所感ですが、
多少なりともファッションに関心がある人ならみんなにオススメしたいくらい雰囲気のあるスニーカーだと思います。

とにかく合わせやすいので、持っていて損することは「まずない」カテゴリーかなって。

 

逆におすすめ「しない人」

こちらも個人的な所感で、

・スニーカーにあんまりお金をかけたくない人

・スタンスミスならなんでもいいって人

だったら、やめておいた方がいいかも…。

 

他よりもちょっとだけ高いし…。

 

どこで買うのが正解?

ここまで書いておいてアレなんですが、
この記事を書いている時点ではZOZOやAmazonをはじめ、

通販では完売していることが多い…

やっぱり人気なんですね。
サイズによっては在庫があるんですけど、せっかく欲しいと思っても自分のサイズがないとテンションが…ね。
転売で買うのも悔しいし…。

 

万が一店舗や通販で完売していたら、

王道ですがadidasオンラインで探すと意外と見つかることがあります。

定期的に在庫の供給がある上に、お得に買えることもあるのでオススメです。

 

adidasオンライン:CQ3033 (ホワイト)

adidasオンライン:CQ3034 (ネイビー)

adidasオンライン:AQ0868  (ノーブルグリーン)

というか、ワタシがこのパターンで、
メルマガに登録しておくと会員限定で30%OFFのコードとか届くんですよ。

なのでこのリーコン、通常スタンスミスよりもさらに安い価格 (¥11,000くらい) で買えました。

ね、地味にお得でしょ。

 

楽天ポイント貯めてる人は再入荷されるまで待つっていうのも手ですよね。

 

 

まとめ

ヴィンテージに近いスマートフォルム

ヴィンテージに近いスマートシルエット

 

白スニーカーの定番「スタンスミス」の中でも、さらに一味違った高級モデル “STAN SMITH RECON” のご紹介でした。

靴自体のシルエットもやや細長いヴィンテージライクなスマートシルエット。
何回見ても美しい。

スタンスミス選びで迷っている方へ、
アディダスの回し者になりたいくらいオススメです。

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"