【CT70】情報まとめページを作りました >>>

PUMA (プーマ) スエード、黒がいい。クラシックのサイズ感と違いをレビュー!

PUMA スエード

レトロでクラシックなスニーカーと言えば…

NIKE コルテッツ?
adidasスタンスミス?

いやいや、
実はPUMA『SUEDE』も外せない!


こんにちは、イシキ (@isiki6) です!

このブログは本当にスニーカーの話ばかりになってしまっていますが、
今回は初の「PUMA (プーマ)」

最近のスニーカーブームの中ではあまり目立たないプーマですが、
決してダサいわけでも、ダメなわけでもない。

むしろ『スエード クラシック』に関しては、
ほとんど完成形といっても過言ではないと思います。

 

今回はそんな『プーマ / スエード クラシック』について
サイズ感、イグナイト・クライドとの違い、
そして、実はプーマの中でも即完売モデルが存在をすること

…など、押さえておきたいポイントを見ていこうと思います!

簡単な概要

  • PUMA スエードの歴史とサイズ感
  • イグナイト・クライドとの違い
  • 完売必須の人気モデル「復刻 90681」

普段、NIKEやadidasばかりになっている人や
シンプルなクラシックスニーカーが好きな人へ、

「プーマも捨てたもんじゃない!」

選択肢の幅を広げていただければ幸いです!

プーマ / スエードクラシックのサイズ感

PUMA スエード

PUMA / スエード クラシック

プーマ スエードの歴史

サイズ感の説明の前に、
まず「スエード クラシック」とはどんなスニーカーなのか。

背景や歴史を知っていると
より愛着が沸く…と思うので、簡単にルーツをご紹介します。

  1. 1960年代、スエードの前身モデルが
    トレーニングシューズとして登場
  2. 68年のメキシコオリンピックでは
    選手が表彰台でシューズを掲げ
  3. 73年、後述するニューヨークのNBA選手がコートの外でも好んで履いていたことでシグネチャーモデルをリリース
  4. 70〜80年代、ヒップホップ・ブレイクダンス・アシッドジャズなどのカルチャーから、
    ニューヨークやロンドンのストリートで圧倒的な人気に
  5. 90年代〜、かの有名なビースティ・ボーイズ (BEASTIE BOYS) が着用したことで完全に不動の地位
PUMA SUEDE CLASSIC

PUMA SUEDE CLASSIC

という、
なんともカルチャー色の強いスニーカーなんです。

 

…若い人はビースティ・ボーイズって
知らない…かな…

ワタシもど真ん中の世代ではないのですが、
今見てもやっぱりカッコいい。

キャッチーな曲はもちろん、
何より歌っている本人たちが超楽しそう。

時間があるときにぜひYouTubeで見てみてください、
ホントに楽しそうだから!

プーマ スエードのサイズ感

スエードのサイズ感について、
プーマ自体を履いたことがない人も多いと思うので、

感覚的にサイズ感が近いモデルでいうと…

adidas「スタンスミス」と「キャンパス」のちょうど中間くらい。

ややキャンパス寄りかなと言う印象です。

スタンスミスとキャンパスのサイズ比較の中でも触れたのですが、
スエードも足の甲部分がそこまで高くない木型となっています。

キャンパスほどではないにしても、
レトロスニーカー特有のフラットな立体。

PUMA スエード:サイド

アウトサイド

インサイド

インサイド

正面

正面

キャンパスやスタンスミスのサイズ感をイメージすると近いサイジングになると思います。

スエード クラシックのサイズ感

  • adidasのサイズ感に近い
  • NIKEと比べると、PUMAの方がやや大きい
  • 基本は「ジャストサイズ」
  • 足の甲が高い人は
    「0.5cm〜1.0cmアップ」でもOK!

参考までに、
ワタシはジャストサイズが27.5cm、
プーマ スエードは28cmを履いています。

人気カラーは黒ベースモデル

PUMA スエード 黒

スエード クラシックは定番モデルなので、
カラーバリエーションもかなり豊富。

シーズン物も相当数出ているため、
どのカラーがベストバイなのか迷ってしまうところ。

ですが、もし迷ったら
まずは黒 (ブラック) ベースモデル!

もう、圧倒的に人気です。
かつ使いやすさも間違いない。

PUMA スエード:ブラック / ホワイト

ブラック / ホワイト

PUMA スエード:ブラック / オレンジ

ブラック / イエローorオレンジ

PUMA スエード:ブラック / ブラック

ブラック / ブラック

ちなみに、
この記事に載せているカラーは完全にビースティ・ボーイズ由来で「ブラック / グリーン」

ブラック / グリーン

ブラック / グリーン

\送料無料キャンペーン中/

プーマオンラインストア

イグナイト・クライドとの違い

スエード クラシックを探していると、
必ず目にするのが「イグナイト」「クライド」というモデル。

見た目がかなり似ているので、
「何が違うの?」と疑問に思うことも多いはず。

ここでは簡単にその違いを解説します!

イグナイトとの違い

PUMA スエード【IGNITE】

PUMA スエード【IGNITE】

「スエード イグナイト」は、
「スエード クラシック」を進化させたモデル。

その大きな違いとして、
イグナイトはミッドソールに「イグナイトフォーム」という高機能素材が搭載されているため、履き心地の面で大きく進化しています。

そして、
かかと部分には車のサスペンション技術を応用した「フォーエバーフォーム」が搭載

インソールもカップインソールになっていることから、
イグナイトは完全に履き心地特化型のモデルとなっています。

adidasで言うところの「BOOSTフォーム」みたいなもの。

また、見た目・デザイン面でも細かな違いがあり、

  1. サイドのフォームストライプはステッチを排除し、スムースレザーに変更
  2. ヒール部の窓 (キャットロゴ) をトーナルカラーのラバーに変更
  3. アウトソールに「イグナイト ロゴ」を刻印
フォームストライプの違い(左:クラシック 右:イグナイト)

①フォームストライプの違い(左:クラシック 右:イグナイト)

キャットロゴの違い(左:クラシック 右:イグナイト)

②キャットロゴの違い(左:クラシック 右:イグナイト)

IGNITEロゴの刻印

③IGNITEロゴの刻印

その他にもよくよく見ると
アウトソールのディティールや、シュータンなどが微妙に違いますが、ハッキリわかる違いはこの3点。

見た目を重視するなら「クラシック」
履き心地を重視するなら「イグナイト」

なのかもしれませんね!

クライドとの違い

PUMA CLYDE

PUMA CLYDE (クライド)

「パッと見で判断できる人はよっぽどのスニーカー好き」

と言うほどそっくりなのが「プーマ クライド」

というのも、スエードの派生系みたいなもので
前半の「歴史」で少し触れた

NBA選手のシグネチャーモデルが
この「クライド」となっています。

そのNBA選手の名前は
「ウォルト・フレイジャー」

 

全然名前が「クライド」じゃない…

 

そう、本名から取ったわけではなく
彼のニックネームが「クライド」
フレイジャーのスタイルが
映画「俺たちに明日はない」のクライド・バロウに似ていたからだそうです。

 

本題の「違い」は大きく3つ

  1. サイドのロゴが筆記体で「clyde」
  2. ヒール部のキャットロゴがない
  3. より高級な素材を使用
サイドロゴの違い (左:スエード 右:クライド)

サイドロゴの違い (左:スエード 右:クライド)

ヒール部の違い (左:スエード 右:クライド)

ヒール部の違い (左:スエード 右:クライド)

さらに厳密に言えば
木型や縫製も違っていて、

全体的にクライドの方が高級モデル。

スエードほどラインナップが多くはないですが、
クライドにグレードアップするのも一興です。

人気モデル「復刻 90681」

最後は復刻モデル「90681」

ある意味、現行では最上級のモデルともいえる復刻ライン。

復刻「90681」

復刻「90681」

PUMA プーマ SUEDE 90681 スエード W.WHITE/G.FLASU/P.WHITE メンズ スニーカー 靴 [365942-06 FW18]【e】

どういったものなのか、
公式から引用します。

1970年後半から1980年台前半に生産されていたプーマスウェードを忠実に復刻。当時、生産されていたユーゴスラビア製をベースに復刻した事を表現するために、当時使用されていたアーティクルナンバー「90681」を商品名に採用しました。ヘリテージテイスト溢れる魅力的な一足になっています。
参照:https://jp.puma.com/

…要約しますと、


1970〜80年代のユーゴスラビア製スエードを忠実に復刻したモデルで、
当時は「スエード」という商品名がなく、「90681」という商品番号だったため
復刻モデルも「90681」と呼んでいます


ということ。

コレがまた乙な仕様となっていて、

・アイレット (紐を通す穴) が8つ
・サイドにはPUMAロゴのみ

というディテールが再現されています。

アイレットが8つ (現行は7つ)

アイレットが8つ (現行は7つ)

サイドは「PUMAロゴ」のみ

サイドは「PUMAロゴ」のみ

些細な違いですが、
『神は細部に宿る』ともいうくらい
小さな違いでも印象を大きく変えてしまうんですね。

トドメの一足です。

まとめ

PUMA スエード クラシック

今回はクラシック・レトロスニーカー
『PUMA SUEDE CLASSIC』のご紹介とレビューでした。

この時代のスニーカーってなんでこんなにも心惹かれるんでしょうね。

スニーカーばかりの内容ですが、
よかったらTwitterの方もぜひフォローをお願いします!

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"