NIKE SB DUNK LOW “ブラックピジョン” レビュー!サイズ感をモアテンと比較

SB DUNK LOW "BLACK PIGEON"

こんにちは、NIKEスニーカー大好き イシキ (@isiki6) です。

17年11月11日に発売となった NIKE SB DUNK LOW TRD QS “Black Pigeon”

リークされた時から気になっていたのですが、
数がかなり少ないとのことで、正直ほとんど諦め状態で抽選に挑んだら…

買えた…!

しかもマイサイズ。

さらに二足 (奥さんの分も)。

 

今回、店舗で購入したのですが
当日はそうとう運が良かったようで、抽選番号がまさかの良番。
魑魅魍魎の転売屋が買い占める前に購入できたのは嬉しい限りです。

スタッフさん曰く、
×OFF-WHITEの「THE TEN」よりも販売数が少ないそうなので、それはそれは大事に履いていきたい。

今回のダンク ロー ピジョンに限らず「SB DUNK」の購入を考えている人へ、
サイズ感レビューと、偽物をつかまされないよう各ポイントを写真でお届けしたいと思います。

NIKE 公式オンラインストア

SB DUNK / エスビーダンクの購入方法

NIKEスニーカーの購入方法といえば

  • 店舗で購入 (公式・セレクト / 抽選含め)
  • オンラインストアで購入
  • 二次流通で購入 (オークションやフリマアプリなど)

 

この3つがメインになると思います。
今回ワタシは店舗で購入しましたが、オンラインでもよく購入しています。

近くに販売店がない場合は基本オンラインになりますよね。

オンラインで購入する場合は、とにかく信頼できるショップを選ぶことがベスト!

NIKEオンライン:ダンクシリーズicon

NIKEオンライン:SBシリーズ

BILLY’S オンライン:NIKE スニーカー

atmos オンライン:ダンクシリーズ

公式はもちろんですが、
BILLY’Sやatmosは種類も豊富、サービスが丁寧なのでオススメです。

 

 

また、発売前から話題になるようなスニーカーは
店舗・オンライン、どちらもちょっと厳しいかもしれません。

オンラインで確実にゲットするにはほとんどbot (自動購入システム) が必須。
ただ運よく買えることもあるので、チャレンジだけでもしておいて損はないと思います。

店舗購入の場合、特に先着ではなく抽選であれば、本当に “運” なので購入できる可能性も。
先着系は体力と並べる時間の勝負になります。

やっぱり、転売屋が…ね。

イシキ

supremeの件でニュースにもなりましたが、
アジア系転売屋だったり、一部の血気盛んな人も多く並ぶので、ちょっと独特の空気感があります。
「一触即発」とまではいかないものの、普通に “気持ちよく買い物をする” って気分にはなれないかも。

今後は迷惑や混乱を避けるため減っていくとは思いますが、
「まぁまぁ欲しい」くらいのモチベーションであれば、変なことに巻き込まれないよう先着系は避けた方がいいかもしれません。

ブラック ピジョンとは

 

STAPLE (ステイプル) のアイコン “PIGEON”

今回の購入したダンク ロー ピジョンは、STAPLE (ステイプル) とのコラボスニーカー。

STAPLEとは、Jeff Staple (ジェフ・ステイプル) が創設したストリートブランドです。

STAPLE DESIGN 公式ページ

 

STAPLEの象徴として有名なのがPIGEON (鳩) のアイコン。

NIKEの他にもadidasやPUMA、
日本ブランドだとsnow peak (スノーピーク) とのコラボもしています。

アイコン "PIGEON"

アイコン “PIGEON”

豆知識:2005年のSTAPLE コラボダンクは200足限定

2005年に、NIKE DUNKとSTAPLEのコラボスニーカーが出ています。
そのモデルは200足 (202足) 限定の超レア物。

2005年モデル

2005年モデル

今回は
NIKE  DUNK15周年・STAPLE20周年の記念として復刻したブラックモデル

今回はどれくらいの数なのか判明していませんが、
前回同様、数が少なくニューヨークで警察沙汰になったとニュースに。

日本でよかった…

イシキ

概要レビュー:SB DUNK LOW / エスビー ダンク ロー

では、さっそく。

 

箱

 

箱はピンクで結構目立ちますね。

今回はサイズ違いで2足購入 (奥さんの分) したのですが、
サイズによって箱自体の大きさが違うことを初めて知りました。

 

全体

全体

 

PIGEON刺繍

PIGEON刺繍

 

サイド

サイド:スウッシュ

 

トゥ

アッパー:つま先

 

後ろから

後ろから

ソールと「PIGEON」「NIKE」の刺繍以外は本当に真っ黒。

ビビッドな赤とのコントラストがすごく好み。
履いて歩いている人を後ろから見たいくらい個人的にストライクです。

NIKEロゴ

NIKEロゴ

 

ソール全体

ソール全体

 

ソール

ソール

 

ソール (トゥ)

ソール (トゥ)

 

ソール (ヒール)

ソール (ヒール)

 

写真を撮って初めて気付いたのですが、
ソールの一部が星マーク (☆) になっているんですね。

履いているうちに削れてしまうので、気付かないままだときっと一生知らなかったんだろうなと思います。

 

変え紐

変え紐

赤の変え紐付きです。
当分は黒のままで。

 

タン

タン

 

タンの厚み

タンの厚み

 

タンの裏側

タンの裏側

SBということで、タンはやっぱり肉厚。

新品状態なのでふっかふかです。

また、タンのウラ側はゴムでしっかりサポートされているので、ホールド感がしっかりしていてスゴくいい。
歩くのがとても楽ちんです。

ただ、このゴムがあることで少し小さく感じる人もいるようです。

好みか慣れの問題なんですけど、履き始めは「サイズ失敗したかな」って思っちゃうかもしれないですね。

でも、多分大丈夫ですよ。馴染むから。

 

インソール Zoom Air

インソール Zoom Air

インソールは高反発のZoom Air
他のインソールが硬く感じるくらい気持ちいい!

 

NIKE 公式オンラインストア 

SB DUNK LOW / エスビー ダンク ロー のサイズ感

サイズ感

サイズ感

 

NIKEのスニーカーは一般的に、他ブランドと比べ小さい (細い) と言われています。
またモデル別に種類が多く、DUNKだけでも数種類あります。

 

で、結論から言ってしまうと

NIKEのスニーカーを持っているなら、いつものサイズで問題ない。

 

よく「〇〇は小さめに作られているから1サイズアップした方がいい」
とか言う人もいますが、正直、劇的に違うって経験をしたことがありません。
ワタシは「NIKEのスニーカーはUS10」と決め打ちしているくらいです。

 

DUNKのサイズ感で迷ったら、いつものNIKEのサイズを選べばOK。

強いていえば、小さいサイズは選ばないこと!

スニーカーに限らず、靴は歩いているうちに “必ず前にズレていく” ので、
つま先に余裕がないとぶつかってしまい、最悪痛くて履けなくなります。

アディダスやコンバースと比べて

これも、そこまで大きな違いはないように感じます。

SBとは「スケートボード」の略なので、そもそも動きがあることを前提に作られているんですね。
しっかりホールドして、厚いクッションが効いているモデルになっています。

なので、
馴染む前、履き始めの「新品に近い状態」では確かに少し小さく感じます。
革が伸びて、馴染んでしまえば他のブランドと比べて明らかに違うと言うことはありません。

 

しかしそれでも失敗したくないですし、不安に思うようであれば

0.5〜1サイズアップがおすすめ。

スニーカーは大きいサイズの方が見栄え・バランスが良いですし、
少し大きい分にはソックスや中敷で調整もできますからね。

間違ってもジャストサイズより小さいサイズは絶対にやめた方がいいです。

 

サイズ違い

サイズ違い

モアテンとサイズ比較

参考までに、AIR MORE UPTEMPO (モアテン) とサイズ比較。

両方ともUS10で同じサイズです。

 

モアテン・SBダンク

モアテン・SBダンク

 

モアテン・SBダンク

モアテン・SBダンク

 

モアテン・SBダンク

モアテン・SBダンク

 

モアテン・SBダンク

モアテン・SBダンク

 

モアテン・SBダンク

モアテン・SBダンク

 

モアテン・SBダンク

モアテン・SBダンク

 

モデル自体が違うので、単純に比較ができないのですが、

スニーカー自体はモアテンの方が若干大きい。

モアテン履いて気づいた『モアテン』レビュー。定価や履き方、サイズ感について

最後の写真で大きさ (長さ) の違いがわかるように線を引いてみました。

モアテンのデザインはかなりゴツいので、
装飾 (っていうとアレですけど) の違いなのかなと。

実際の履き心地・サイズ感は外見ほど違いはありませんでした。

 

ただやっぱりモデルが違うので、
ホールド感も考えるとモアテンの方が一見大きく感じます。

モアテンは全体的に柔らかいというか、包み込まれている感じ。
対してSB DUNKはしっかりホールドされている感じです。

 

SB DUNKの方は、足の甲に合わせてシューレースを入れる場所が変えられるので、より一層ホールド感が高まります。

ホールが4ヵ所

ホールが4ヵ所

 

ソールも全く違うので、「サイズ感」だけで言えば、恐らく錯覚レベル。

ソールの違い

ソールの違い

 

ソールの違い

ソールの違い

 

ということで、上にも書いたように

NIKEのサイズは統一して問題ない

というのがワタシの結論です。

 

モデルが違えば「履き心地」もまた別物になるので、
ホールド感の好みや履き方の好みで選んでみるのもアリだと思います。

NIKE関連

まとめ

NIKE SB DUNK LOW "BLACK PIGEON"

NIKE SB DUNK LOW “BLACK PIGEON”

 

NIKE SB DUNK LOW TRD QS “BLACK PIGEON” のレビューでした。

黒ベースに赤がちょこっと入っているという、個人的にかなり好みのカラーリングということもあり、大満足の一足。

大事に履きたい気持ちもありますが、せっかく気に入ったスニーカーなので
これからガンガン履き潰したいなと思います。
飾って置かずに使う派です。

◆ NIKE SB DUNK LOW  “BLACK PIGEON” を探す

NIKE 公式オンラインストア

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"