【CT70】情報まとめページを作りました >>>

リーバイスのデニムジャケット、ヴィンテージクロージング(LVC)は今しか買えないかもしれない…。

Levi's トラッカージャケット

あれ?
しれっとLVC (リーバイス ヴィンテージ クロージング) のページから消えている…?

けど、違うページにひっそり隠れてる。

今回はそんな “MADE in USA” デニムジャケットのラストモデルを見ていこうと思います。


こんにちは、イシキ (@isiki6) です。

みなさん、デニムジャケットは好きですか。
ワタシは大好きです。

中でも【リーバイスのデニムジャケット】といえば誰でも知っている定番中の定番ですよね。

買ってよかったもの

2019年上半期「買ってよかったもの」【2019年】上半期、「本当に買ってよかったもの」を振り返ってみる

さらに言うと、

復刻ライン
【LVC (Levis Vintage Clothing)】

男なら1度は所有したいもの。
…だと勝手に思っています。

 

が…

いよいよ買えるのは、
今がラストチャンスかもしれない。

 

今回はちょっとだけマニアックで、
男心をくすぐる情報をお届けしたいと思います。

こんな流れ

  • リーバイス『LVC』とは
  • なんでラストチャンスなの?
  • 最後のモデルはココにあった!

『LVC』のメイドインUSAは過去形?

リーバイスについて、
詳しく説明をするとそれだけで1つのブログが完成してしまうほどの情報量なので、

ここでは要点だけを掻い摘みながら
順を追って見ていこうと思います。

リーバイス『LVC』とは

LVC / Levis Vintage Clothing

LVC / Levis Vintage Clothing

リーバイス ヴィンテージ クロージング
Levis Vintage Clothing

頭文字をとって『LVC』で親しまれているこのラインは名前の通り、

過去のアーカイブ製品 (ヴィンテージモデル) を
忠実に復刻したライン。

年代別のモデルが展開しているので、
知らない人からすると何がどう違うのかさっぱりわからないようなラインナップ。

完全に「デニム好き」がターゲットなわけです。

 

また、デザインはもちろんのこと、
コーン社・ホワイトオーク工場の生地を使い、
アメリカ本国で縫製を行っていた
ため、

本当に「ヴィンテージ クロージング」としてのこだわりが凄く、
コアなファン層をしっかり抱えているリーバイスのハイエンドライン。

ポイント!
コーン社 (コーンデニム社 / 旧コーンミルズ社)・ホワイトオーク工場のデニムといえばヴィンテージの代名詞的存在なんです。

 

…というのがこれまでのLVC

問題は「今どうなっているのか」

2017年、ホワイトオーク工場が閉鎖

コーンデニム

リーバイス好きないしデニム好きには激震が走ったこのニュース、

ホワイトオーク工場の閉鎖

当時このニュースを見てホワイトオークを買い漁った人も少なくないと思います。

CONE DENIM / WHITE OAK タグ

CONE DENIM / WHITE OAK タグ

すぐに市場からなくなる訳ではないですが、
もう新規製造は行っていないとなると、
あとは “ストックがいつ切れるのか” が問題となってくるわけで、

【コーン社・ホワイトオーク工場・メイドインUSA】を謳っているLVCにも
徐々にストック切れのタイムリミットが迫ってきました。

『LVC』はトルコ製へ

501系などの主力・人気モデルは早々になくなり、
見ていただくとわかる通り、
公式サイトのLVCページからも、ほとんどのモデルで
CONE DENIM / WHITE OAK / MADE IN USA】の表記が消えているんです。

今のLVCはこの表記がない

今のLVCはこの表記がない

じゃあ、今は一体どこで作ってるの?

トルコ (またはブルガリア) です。

いや、質が落ちたとかそういったことではないんです。

ホワイトオークには
男の夢とロマンが詰まっているんですよ!!

 

買えないとなると、余計に欲しくなるのが人間の性。

ワタシ、デニムジャケットが本当に大好きなので、

「これからは古着一択か…」
「二度と “自分で育てる” “自分だけのエイジング” ができないのか…」

なんて思ったり。

 

…ん?

 

違うページにまだあるぞ!!!

ホワイトオーク・ラストモデルの専用ページが開設

ホワイトオーク専用ページ

ホワイトオーク専用ページ

こんなページ前からあったっけ?

いや、あったかもしれないけども、
コレクションの下の方でひっそりしてる。

この記事を書いている時点で
デニムパンツも合わせて残り18モデル。

サイズもかなり欠けていますが、

まだ買える!!

今年が最後のチャンスと思って、
奮ってご確認ください。

ファースト / 1st モデル

1st モデル / リジッド

1st モデル / リジッド

1st 在庫状況

1st 在庫状況

12オンスとやや軽めな生地。
個人的には唯一持っていないのがファーストなので狙いたいところ。

ただSサイズのみ…

セカンド / 2nd モデル

2nd モデル / リジッド

2nd モデル / リジッド

2nd 在庫状況

2nd 在庫状況

セカンドは13.7オンス。
糊を落とすも良し、残すも良し。

インナーにARC’TERYXなんかの薄手ジャケットを入れてもカッコいい。

こちらもSサイズのみ…

サード / 3rd モデル

3rd モデル / リジッド

3rd モデル / リジッド

3rd 在庫状況

3rd 在庫状況

デニムジャケットの王道、サード。

「デニムジャケットといえば」ってくらい見慣れたモデルだと思います。
ハイブランドから出ているものもサードタイプを踏襲していることが多いですよね。

なんだかんだ言っても現代的、
1着あるだけで何パターンも使える大本命モデル。

こちらはSサイズ・Mサイズの在庫あり!

まとめ

Levi's トラッカージャケット

いよいよLVCの米国製ジャケットも数が少なくなってきましたね。

「なくした時に初めてわかる大切さ」
とはよく言ったものです…。

ジャケットに限らずホワイトオーク全般
まだ在庫が残っているうちに
ぜひチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"