【コンバースCT70】最新情報まとめ

ドローアライン(DRAW A LINE)の隠れた名作『クローゼットハンガー』

DRAW A LINE

DRAW A LINE (ドローアライン) といえば
“お洒落なお部屋には必ずある” と言っても過言ではないくらい定番となった、モダンでスタイリッシュなインテリアアイテム。

DRAW A LINE(ドローアライン)

見た目の美しさもさることながら、
縦のスペースを活用することで “デッドスペースを有効に使った機能美” も兼ね備えており、2017年にはグッドデザイン賞も受賞。

「ドローアライン」と聞いてまず思い浮かべるのはきっとコレ (突っ張り棒&各種トレー) だと思います。

そんなドローアラインですが、シリーズの中でも隠れた名作として輝くオプションパーツが存在します。

それが『クローゼットハンガー』

DRAW A LINE

「なんだ、ただのハンガーか」
と思うことなかれ!

実際に手で触れてはじめてわかる質感や使い勝手の良さ、
また、さすが【DRAW A LINE シリーズ】と言わんばかりのデザイン美。

ハンガーの存在自体を知らなかった、という人も多いかもしれません。

今回はこの隠れた名作『DRAW A LINE クローゼットハンガー』をご紹介したいと思います。

こんな方へ!

  • インテリアにこだわりたい !
  • クローズ(Clothes)周りを整えたい!
  •  三度の飯よりシンプルデザインが好き!

などなど、
DRAW A LINEのデザインが好きな方であれば、
さらに一歩先へ!

ぜひチェックしてみてください!

【DRAW A LINE 】クローゼットハンガー『D-CH-BK』

【DRAW A LINE 】クローゼットハンガー『D-CH-BK』

ハンガーなのでスペックも何もないのですが、少なくともサイズは重要。

なので、まずは公式の商品仕様見ていこうと思います。

Clothes Hanger Black【D-CH-BK】

  •  セット内容:ハンガー3本、取扱説明書
  •  サイズ:幅38.5cm×奥行き0.5cm×高さ21cm
  •  重さ:約0.5kg
  • 耐荷重:3kg
  • 材質:鉄・エポキシ樹脂粉体塗装
  • 設置場所:屋内専用
NEW LIFESTYLE STARTING WITH A SIMPLE LINE

NEW LIFESTYLE STARTING WITH A SIMPLE LINE

ハンガーのサイズはいわゆる「一般的なハンガー」と同じサイズ感。

ただ、重さが0.5kg (500g) あるので、手に持ったときの重量感、ラックに掛けたときの存在感・安定感は格別。

比べてみると「針金ハンガー」よりも線の太さが倍以上 (4倍ほど) あります。

太さは倍以上!

太さは倍以上!

また、質感は突っ張り棒本体やトレイ (D-T-BK) などと同じマットでザラつきのある仕様。

トレイ(D-T-BK)などと同じ

トレイ(D-T-BK)などと同じ

マットでザラつきのある質感

マットでザラつきのある質感

洋服やその周辺にこだわっているインテリアであれば、すでに主役級。

これだけでも “特別なハンガー” という存在感がありますが、

ハンガー本来の用途、
『洋服をかけた佇まい』がまたとんでもなく美しいのです。

DRAW A LINE ハンガーの使用イメージ

洋服をかけた状態

CT70



まるで、アパレルショップ。

このクローゼットハンガーは他の【DRAW A LINE オプションパーツ】とは違い、ハンガー単体で (オシャレに) 使えるというメリットがあります。

メインの突っ張り棒を揃える必要がなく、
自宅がこんなにおしゃんになるとは。

デザインのチカラって凄い。

とにかく絵になる

印字もいい味を出しています

カラでも美しい

ビジュアルが美しいことはもちろん、
ドローアラインのハンガーは質感がザラッとしているのため適度にハンガーが服の素材に食いつき、『肩が滑り落ちる』ということがありません。

オーラリー『スタンドアップTEE』

オーラリー『スタンドアップTee』のような重量級のTシャツでも型崩れせず、しっかり支えてくれています。

…え?もう最高じゃん。

そう思うでしょ、
でもね、1つだけネックがあるんです。

 

それが、価格
地味に高い。

DRAW A LINE:価格表

DRAW A LINE:価格表

¥2,090(税込み) で3本セット。

ということは、1本約700円。

数セットならいいんです。
けど、自宅のハンガーをすべてドローアラインに替えるのは

結構アレな金額。

そう、
人生 少しずつ 少しずつ

そんな大事なことを教えてくれるハンガーでもあるんですね。

この教示に従って、デメリットなんかは感じなくなってしまえばいいんです。

(…あと10セットくらい欲しい…)

ドローアライン『クローゼットハンガー』:まとめ

DRAW A LINE

ドローアライン (DRAW A LINE) の隠れた名作『クローゼットハンガー』のご紹介でした。

ワタシはインテリアに全然詳しくないですが、こういった細かいところに気を配れるかどうかが大事、というのはなんとなくわかる気がします。

ハンガー1つで意外と、でもガラッと雰囲気が変わるもので。

短い内容になってしまいましたが、
「何かを変えたい」と思った時はぜひ試してみてください!

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

PAGE TOP