1分で簡単!LAMYサファリの『ニブの交換方法』と注意点を写真で解説

LAMY ニブ交換方法
URLをコピーする
URLをコピーしました!

『LAMY』サファリ、アルスターのペン先(ニブ)を交換したい。

ただ、「LAMYのニブ交換は力技」って聞いたことがあるけど…

失敗したらどうなるの?
もう使えないの?
限定色なんだけど、駄目になっちゃうの?

こんな不安を消し去りたい。

こんにちは、イシキ(@isiki6)です!

カジュアル万年筆としてカルト的な人気を持つ『LAMY』のサファリ・アルスターシリーズ。
ポップでモダンで愛くるしくて、何本でも集めちゃう。

そんなLAMYのサファリ・アルスターは万年筆では珍しく自分でニブ(ペン先)が交換できるのですが、自分で交換ができる反面、冒頭で書いたような不安要素もあって、

正直、
失敗したくないわけですよ。

  • 書き心地が悪くなってきた
  • 文字がかすれてきた
  • ペン先の太さを変えたい
  • カスタムしたい

などなど、
ニブを交換したい理由って色々あって、「自分で交換ができる」って結構メリットなんですね。

LAMYはニブ単体で買える
LAMYはニブ単体で買える

なので、今回はニブ交換時の不安を払拭できるようLAMYのいちファンとして
LAMYのニブ交換方法と注意点】を写真で細かく紹介していきたいと思います!

すごーく不安を煽るような言い方をして恐縮なんですけど、
実は超簡単。

LAMYニブ交換の手順はこんな流れ。

STEP
ペン先を洗う
STEP
ニブにテープを貼る
STEP
テープを引っ張る
STEP
新しいニブを取り付ける

やり方さえわかってしまえば
これからは好きな太さのニブ、人気のブラックニブなどに交換し放題!

タップできる目次

LAMY(サファリ・アルスター)のニブ交換方法

LAMY ニブの交換方法

準備するもの

準備するものは2つだけ。

  • 新しいニブ
  • セロハンテープ

交換用の新しいニブはLAMY純正のものであればどれでもOK。
Amazonでも「交換nib」として1000円台で普通に販売されています。

いくつか種類がある中で、
今回は『Mサイズ(中字)ニブ』を『カリグラフィーニブ(1.5mm)』に交換していきます。

カリグラフィーニブ
カリグラフィーニブ

ちなみに「セロハンテープ」と書いたのですが、
揃えられるならオススメはメンディングテープ

メンディングテープ
メンディングテープ

↑こういうやつ。

メンディングテープはセロハンテープよりも粘着力が弱いので、
テープを剥がしてもベタつかないのがポイント。

交換した古いニブはまた使うことができるので、
ニブ表面にベタつきが残らない方が断然いい。

粘着力が弱い
粘着力が弱いからベタつかない

メンディングテープ自体が高いモノではないので、経験上、個人的にはメンディングテープを推奨。
なんなら100均にも売っていたはず!

ペン先を洗う

では交換作業!

…に入る前の下準備。

ペン先を水で洗って(浸けて)おきます。

水につける
水に浸ける

ここが地味に重要ポイント(注意点)となっていて

  • 古いインクが固まって残っていると、
    ニブが外れにくくなっている
  • ニブを外したときのインクの飛び散りを防ぐ

という理由から、
先にインクを洗い出しておいたほうが圧倒的に作業が楽!

まだまだ出る
まだまだ出る

使用期間にもよりますが、
思っている以上にインクって残ってるもの。

紙で拭くとまだ出る
紙で拭くとまだ出る

神経質になるほどキレイにする必要はなく、概ねのインクが洗い流れていればOK。

交換前に完全に乾かす必要もなくて、キッチンペーパーなどでトントンしておけば大丈夫です。

もちろん、新品であればこの作業は必要ありません!

ニブにテープを貼る

ここからがニブの交換、本番!

まずはメンディングテープを2〜3cmにカットして、
ニブ部分(だけ)に貼り付けます。

ニブにテープを貼り付ける
ニブにテープを貼り付ける

↑こんな感じ。

注意点

このあとテープを引っ張ってニブをはずすので、
テープはニブ部分だけに貼り付けてください!

次に、
貼り付けたテープをニブの曲面に沿って丸め、テープの先端をくっつけます。

テープを丸めて
テープを丸めて
テープ先端をくっつける
テープ先端をくっつける

↑こんな感じ。
ニブ全体をテープで覆うようなイメージですね!

もうここまでで作業の3割は終了、
時間も10秒かかってないんじゃないかしら。
(洗いは別で。)

テープを引っ張る

早くも佳境、
ニブをはずしていきますよ!

先端を引っ張る
先端を引っ張る

先ほど作ったテープの先端を取っ手にして、矢印の方向へゆっくり引っ張ります。

ペン本体とニブの隙間に注目してください。

ズズッ
ズズッ
ズズズッ
ズズズッ
スポッ!
スポッ!

はずれた!

超簡単。

これは実際にやってみるとわかるのですが、
カチッとハマる系じゃなく、ヌルヌルとスライドする系

また、ペン先がズレないようにニブはしっかり固定されているため、思っているよりチカラがいります。

「全然はずれない!」なんてことはないんですけど、
「アレ?もっと力入れて大丈夫…?」みたいな感覚にはなると思います。特に初めて交換するとき。

でもそのままイッちゃって大丈夫!

ベタつきなし!
ベタつきなし!

メンディングテープのおかげでテープを剥がしてもベタつきなし!
このニブはまた使うことができるので、大事に保管しておいてください。

新しいニブを取り付ける

取り外しとは反対の手順で
新しいニブを取り付けていきます。

取り付け溝がある
取り付け溝がある

取り付けもとても簡単で、
ペン本体に溝があるので、この溝に合わせて新しいニブを付けるだけ。

この溝にハマっていないとニブが取り付けられない(ハマらない)ようになっています。

隙間がなくなるところまで入れて
隙間がなくなるところまで入れて
完成!
完成!
インクの出もバッチリ!
インクの出もバッチリ!

簡単!

文章にすると長く感じますが、実際の作業時間は1分以内。

正しい手順で交換すればペン本体に負担をかけることなく、安全に交換することができます。

やった、
これで愛用の限定色も気兼ねなくニブ交換ができる!

LAMYのニブ交換方法│まとめ

LAMY ニブ交換方法

LAMYの万年筆サファリ・アルスターのニブ交換方法についてのご紹介でした。

先日発売された「漢字ニブ」も交換用ニブとして近いうちに単体販売されると思うので(…たぶん)
交換したい需要はきっとより高まるはず。

漢字nib
漢字nib

交換のやり方がわからない人がもし周りにいたら、
ぜひ「簡単だよ」って教えてあげてください!

LAMY ニブ交換方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる