【CT70】情報まとめページを作りました >>>

カジュアルで使う。オーラリー (AURALEE) スラックスの美脚シルエットと選び方。

オーラリー スラックス

カジュアル (私服) でスラックスを穿きたい。

デニムばかり穿いていると、
たまに襲ってくるスラックスが穿きたい衝動

勢いに任せて買ってしまいたい反面、
「なんとなく」で選ぶと後々飽きてしまったり、意外と使いづらかったりと、じわじわ困るわけで…。


こんにちは、イシキ (@isiki6) です!

値段が高い。けど質も高い。
人気ブランド『オーラリー(AURALEE)』

どのファッションサイトでも1度は話題になっているので、
気になっていた人、好きな人も多いと思います。

中でも、セットアップやスラックスは毎シーズン出ているため種類も多く、

迷ったり欲しいなと思っても
【勢いに任せて購入 → 失敗】ができる金額じゃない (…はず) 。

着なくなる、なんてもったいないし、せっかくならワードローブのスタメンにしたい。

 

と、いうことで
オーラリースラックスのレビューと合わせて
「ここに注目して選んでるよ」という一例をご紹介したいと思います。

もちろん “この選び方が絶対に正しい”
と言うことではなく、
一応、ワタシが元アパレルなので、
「こんな選び方でいいんだ」と選ぶ際の1つの参考にしていただければ幸いです!

オーラリー「スラックス」2つの選び方

AURALEE スラックス

オーラリーといえば『素材』
デザイナー自身が「本当に良い」と思う『上質な素材』にこだわっていることで有名です。

また、素材の良さを殺さないよう
デザインも奇抜なモノではなく、合わせやすくシンプルなモノが多いのもオーラリーの特徴。

「素材作りからデザイン」と考えている程のこだわりです。

オーラリーとは出典:https://auralee.jp/about

 

この投稿をInstagramで見る

 

AURALEE(@auralee_tokyo)がシェアした投稿

なので、
大前提として『モノが良い』

むしろ「良い」なんてレベルじゃない。

モノが悪い→買い物失敗という地雷は最初から解除されています。

「安っぽくてダサい」とか
「もうデザインが流行ってない」「生地が長持ちしない」とは無縁のブランドですね!

イシキ

ただ、
それでも「あんまり出番がないな」「…失敗したかな」となるのが人間の不思議。

理由は色々あると思いますが、

ワタシは極力こんな失敗をしないように、
選び方で意識していることが2つあります。

  • コットン素材のスラックスを選ぶ
  • スニーカーと合わせるイメージで選ぶ

コットン素材のスラックスを選ぶ

綿100%

綿100%

ちょっと偏見があるかもしれませんが、
経験上「スラックス」と聞くと「トラウザーズ」をイメージする人が多いように思います。

「トラウザーズ」とは
いわゆるスーツ、セットアップのパンツのことですね。
※主にイギリス英語。アメリカ英語でも使います。

一方「スラックス」はセットアップではなく、
基本的にゆったりとしたパンツ単体を示しています。
※アメリカ英語。語源は「ゆるい」という意味を持つ英語の「スラック(Slack)」から。
太もも周りにゆとりのあるパンツの総称。

ざっくりとした違いはこんな感じです。

スラックスとトラウザーズの違い

 

で、問題はここから…

 

セットアップはジャケットとパンツがバラ売りされていることも多いので、

「スラックス≒トラウザーズ」

だと思っていると、
「トラウザーズ(ウール素材)」の方を選んでしまうことがあるんですね。

もちろん全部が全部ウール素材というわけではないですが、
特に単価の高いモノ(トラウザーズ)はウール素材になっていることが多く、
さらに裏地はキュプラになっていることが多いと思います。

裏地のツルツル・さらさらしている素材がキュプラ

裏地のツルツル・さらさらしている素材がキュプラ

この勘違いがもったいない!

「なんかイメージと違う」
「ジャケット着るとただのスーツじゃん…」
「毎回クリーニングだと厳しい」
「暑い…オールシーズンは無理」

などなど。

【スラックスとトラウザーズ】
【コットンとウール】では
普段使いで地味に違いがあるんですね。

 

こんな失敗をしないために、
カジュアルで使いたいときは意識的に「コットンのスラックス」を選ぶようにしています。

素材がコットンだとデニムやチノパン感覚なので、使い勝手がやっぱり良くて。

ちなみに、「トラウザーズ」をカジュアルで合わせるのは全然あり。
ただ、違いを知らないが故の失敗はして欲しくないなと思います。

スニーカーと合わせるイメージで選ぶ

CT70とコーデ

オーラリーは全体的に
肩肘張らない、ゆったりしたシルエットが魅力の1つ。

スラックスも流行りのタイト&ショートではなく、
たっぷりクッションするほどルーズなタイプが多く出ています。

そんなリラックスしたシルエットなので、
ゆるりとラフなスニーカーとの相性が抜群。

オーラリーとCT70

革靴だと一見だらしなく見えてしまうルーズさも、スニーカーと合わせることで全体的に程よい抜け感に。

キメすぎずに使いたい、なんてときはスニーカーを中心に考えると、普段使いのイメージがグンとしやすくなると思います。


なんて事のない選び方ですが、
頭の隅に入れておくと意外と役に立つことがあるので、
選ぶ際はちょっと意識してみてください!

  • 素材はコットンを優先的に選ぶ
  • スニーカーと合わせる事を前提に選ぶ

オーラリー「ワイドスラックス」レビュー

今回購入したのは19AWの
『HARD TWIST DOUBLE CLOTH WIDE SLACKS』

ツータックのワイドスラックスです。

HARD TWIST DOUBLE CLOTH WIDE SLACKS

HARD TWIST DOUBLE CLOTH WIDE SLACKS

HARD TWIST DOUBLE CLOTH WIDE SLACKS

HARD TWIST DOUBLE CLOTH WIDE SLACKS

購入したのが昨年の秋なので、
順番はオーラリーの方が先なのですが、
先日紹介したYAECAのチノパンと同じ理由でワイドシルエットに。

ワイドシルエット

ツータックでありながら現代的にデザインされた、野暮ったさが全くないシルエットはさすがオーラリー。

厚手の生地とハイウエストが相まって
裾まで “ストン” と綺麗に落ちてくれます。

裾までストンと落ちてくれる

 

バックのフラップポケット

バックのフラップポケット

生地感

生地感

オーラリーが得意とするハリ感のある生地。

ドライタッチなので肌触りが気持ちいい。

素材がコットン100なので、
AWモデルでもほぼオールシーズン使えそう。

オーラリー スラックス

さすが人気ブランド。

オーラリーは値段が高い、なんて言われることもありますが、
「安い」とまではいかないまでも、「高くはない」と思えるほどのクオリティ。

試着以前に、触った瞬間「あ…」って。

中毒になってもおかしくないくらい高品質。
納得の満足度だと思います。

サイズ感

今回、176cmでサイズ4を選びました。

ただ、ジャストサイズは3だったので、
同じくらいの身長であれば3と4どちらも穿けると思います。

リラックスしたサイズ感が好みであればワンサイズ上げてみるのもオススメです。

・サイズ3:ジャストサイズ
・サイズ4:ゆったりサイズ

参考までに、
素人寸法ですが平置きでのサイズ表を。

  • ウエスト:42cm (84cm)
  • 股上:34cm
  • 股下:80cm
  • ワタリ:34cm

着用シルエット

最後は実際のシルエット!

前から

前から

後ろから

後ろから

横から

横から

個人的には横からのシルエットが一番好き。

ストンと縦に落ちるラインがとてもキレイ。

このままでも穿けるっちゃ穿けるのですが、
コンバースのようなボリュームのないスニーカーだと若干裾が気になる。

ステッチが表に出ないシングルステッチ

ステッチが表に出ないシングルステッチ

ステッチが表に出ないシングルなので、
ロールアップか内側に折って調整することも。

ロールアップ

ロールアップ

内側へ折り込む

内側へ折り込む

理想通りのシルエット。

これで当分はワイドパンツに困らなくなりました。

オーラリーのハイウエストって美脚・足長効果が顕著に出るので、そこもお気に入りのポイントです。

ポケットに手を入れるとより長く見える気がする

ポケットに手を入れるとより長く見える…気がする

オーラリー取扱いの通販

オーラリーは通販で取り扱っているお店も多く、
比較的見つけやすいブランドかと思います。

なので、
ここではオーラリーを取り扱っている
メジャーな大手通販サイトを載せておきます!

◼️ 【URBAN RESEARCH】

◼️ BEAMS Online Shop

◼️ 【アイルミネ】

◼️ 【MAGASEEK】

◼️ 伊勢丹オンラインストア FASHION

◼️ ユナイテッドアローズ

 

また、古着では過去の名作もちょくちょく出ているので、よかったらチェックしてみてください!

◼️【AURALEE】を探す >>>

まとめ

オーラリー スラックス

ファッションて、言語化すると途端にチープになるので、
本当の良さを伝えるのがなかなか難しい。

それでもやっぱりイイ物はイイ。

今後も定番ブランド・アイテムをレビューしていきたいと思います。

ぜひ試着からでも試してみてください!

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"