【コンバースCT70】最新情報まとめ

揃えておきたい名作『CONVERSE CT70 x PLAY ギャルソン』レビュー

CT70 x PLAYギャルソン

毎年リリースされることで
ほとんど準定番のポジションとなっている

『コンバースCT70 x PLAY ギャルソン』

コンバースCT70 x PLAY ギャルソン

お馴染みとなったハートロゴですが、言い換えれば長年同じデザインでのリリースとなっているため、コラボでありながら特別話題にあがることもなかったモデル。

…しかし
最近、再び注目が集まってきている!

トラヴィス・スコット×PLAY

トラヴィス・スコット×CT70

2021年に入りトラヴィス・スコットが着用画像をアップしたことや、久しぶりに新色 (ブルー・グレー) が登場したことでジワジワと人気熱が上がってきている状態。

となれば、
今『PLAY ギャルソンコラボ』はチェックしておきたい。

あまりにも長いことリリースされているので意外と見落としがちなモデルですが、
今回は改めて『コンバースCT70 x PLAY ギャルソン』を見ていこうと思います!

コンバースCT70 x PLAY ギャルソン

コンバースCT70 x PLAY ギャルソン

カラーバリエーション

『コンバースCT70 x PLAY ギャルソン』は定番デザインの他にいくつかシーズンモデルも登場していますが、
今回は定番デザインをピックアップしてご紹介したいと思います。

PLAYギャルソン定番デザイン

ブラックとオフホワイト、
それぞれハイカット・ローカットで計4モデル展開。

ブラックオフホワイト
ローカットローカット
ハイカットハイカット

 

そして
2021年 (6/3) に新色として登場したのが【ブルー】と【グレー】
こちらもハイカット・ローカットでの展開です。

PLAYギャルソン新色

ブラック・オフホワイトと並んで使いやすそうな落ち着いたカラー。

定番デザインはこれで計4色。

新色は発売され次第リンクを更新しますね!

『コンバースCT70 x PLAY ギャルソン』レビュー

コンバースCT70 x PLAY ギャルソン

外観

では、さっそく外観、全体像を見ていこうと思います!

いつもどおり、まずは箱の情報から。

PLAYギャルソン:箱

うん、可愛い。

PLAYギャルソンCT70:型番

『コンバースCT70 x PLAY ギャルソン』の型番は【150204C】
生産国は【ベトナム】となっています。

ただ、ワタシが持っているモデルは比較的新しいモノなので、旧型など型番違いも存在すると思います!
ほぼ定番なので、型番がリニューアルした際なんかも変更されるかもしれないですね。

 

ここからスニーカー本体!

上から

インサイド

インサイド

アウトサイド

アウトサイド

後ろから (ヒールパッチ)

後ろから (ヒールパッチ)

アウトソール

アウトソール

外側 (アウトサイド) にあるハートロゴ以外はかなりシンプル。

ミッドソールをはじめ、通常ラインの定番よりもミニマルに仕上がっています。

では、ここからは細部のディティールを確認していきましょう!

細部ディティール

デザインがシンプルなので、もうほとんど見たままなのですが、

まずは見えづらい部分【インソール】

インソール

インソール

うん、可愛い。

履いてしまえば見えないインソールも、
赤が1色入っただけで特別感があります。

さらに見落としがちな細かい部分で

シュータンの裏に…

シュータンの裏に…

シュータン裏に小さなハートロゴ。

これは実際に所有している人しか知らないんじゃないかな?ってくらい小さな小さなホッコリポイント。

こういう遊び心がギャルソンぽくていいですよね。

 

そして、みんな大好き【ヒールパッチ】

ヒールパッチ

ヒールパッチ

清々しい真っ白!

ヒールパッチは『凹凸ありの新フォント』

ヒールパッチは『凹凸ありの新フォント』

色は真っ白ですが、
『凹凸ありの新フォント』で最新版の仕様。

なんか、塗装前のヒールパッチみたい。

ヒールパッチと同じくミッドソールは完全に単色で、アッパーとの境界にあるパイプラインもキレイに消されています。

トゥキャップ

トゥキャップ

通常のトゥキャップ

通常のトゥキャップ

ミッドソールのライン

ミッドソールのライン

よく見るとなかなか細かい。
ただ単に色を抜いただけじゃないんですね!

 

そして、
最大の特徴【サイドのハートロゴ】

サイドのハートロゴ

ロゴ自体はプリントされているため、
汚れることはあっても剥がれることはない…はず。

ミッドソールが単色になったことでハートロゴがより際立つように。

サイドのライン

覗かれている気分…。

ちなみに、
反対にあるアンクルパッチもプリント仕様。

アンクルパッチ

アンクルパッチ

初期からの “オリジナル仕様” という感じで、これはファンには嬉しいポイント。

後ろからの佇まいもまたいいんです。

後ろからの佇まい


シンプルすぎて特に目立つ部分がない。

でも、実際はそれが狙いなのかもしれません。

まずは使いやすいことが前提で、本家定番ではないけどどこか身近、
見れば見るほどなんとなくそんなイメージ。

急ぐことはないけど、必ず揃えたい一足です。

コンバースCT70 x PLAY ギャルソン:まとめ

コンバースCT70 x PLAY ギャルソン

『コンバースCT70 x PLAY ギャルソン』のご紹介でした!

今回はハイカットでのレビューでしたが、ローカットも捨てがたい。

ほんの数年前まで「プレイは絶っ対買わない」なんて豪語していたのに…人間、変わるものですね!

いままで「プレイはノータッチ派」だった人も、
もしかしたら “今” なのかも。

普通のCT70は見慣れちゃった、なんてときは #CT70コラボモデル もぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

PAGE TOP