【CT70】情報まとめページを作りました >>>

アディダス Skateboardingの新作スニーカー「3MC」購入!コアブラックをレビュー!

全国1億3千万人のadidasファンのみなさまこんにちは。イシキ (@isiki6) です。

7月20日に発売された、
アディダス スケートボーディング (adidas Skateboarding) の新作スニーカー「3MC

さっそく買っちゃいました。
そう、発売日に。

シンプルというかミニマムというか、こういうデザインのスニーカー好きなんですよね。
VANSもそうですが、ボード系スニーカーって履きやすいから尚好き。

まだ履き込んでいるわけではないので厳密には比較できませんが、
お店で試し履きをした感じ、“ハイテクなVANS” って印象です。

定番スニーカーの地位を築きそうな気配の「3MC」、さっそくレビューしたいと思います。

【2018/10/12 追記】

新色も登場したので3ヶ月履き込んだレビューを書きました!

コアブラック / オールレザー:F35258新色も登場!隠れた名作 アディダス『3MC』の使用感を再レビュー!

3MC (スリーエムシー) の概要

3MC コレクションはこちら

3MCはアディダス オリジナルス、スケートボーディングラインのスニーカーになります。

「スケートボード」といっても、もちろんスケーターの為だけのモデルではなく、デイリーで使えるタウンユースモデル。

汎用性に優れ、スケートボードシーンに留まらず、デイリーに履きこなせる “3MC”

と公式で紹介されています。

3MCのコンセプトは「ALL OF US (すべての仲間たちへ)」

とは言っても、スケートシューズなので機能面はかなり優秀。

  • GEOFLEX (ジオフレックス) のアウトソールにより高いグリップ力と柔軟性を発揮
  • バルカナイズ製法 (ソールがアッパーを包む製法) を採用しGEOFLEXの性能を最大限発揮
  • トリプルニードルステッチによって耐久性をアップ

アディダスが持っている技術をこれでもかと集結させた、まさに究極のスケシュー

また、デザインが面白く
アディダスの主に3つのスニーカーデザインが融合しています。

  • 全体デザイン、フォクジングテープ、六角形のアウトソールは「GAZELLE (ガゼル)」
  • トレフォイルロゴのヒールパッチは「STAN SMITH (スタンスミス)」
  • 側面のロゴパネルは「SEELEY (シーリー)」

といった感じ。

こういう説明とかスペックって、読んでるとなんかワクワクしませんか。

全8モデル展開

デザインは同じですが、素材違いと色違い合わせて全部で8モデルの展開

カラーはホワイト・ピンク (淡い)・グリーン (淡い)・ネイビー・ブラック (3つ)・カモ柄の計6色

3MC

参照:adidas sketeboarding

3MC コレクション

大きく分けると、素材がキャンバスかレザーかの違い。ヒールパッチは共通してレザーですが、
アッパー (つま先の部分) はキャンバスタイプとレザータイプで分かれています。

上の段・一番左、真っ黒いものだけオールレザー (ヌバック)
上の段・一番右、黒でロゴがゴールドのものはつま先だけレザー (スエード)
他はすべてオールキャンバスとなっています。

左から キャンバス・つま先のみレザー・オールレザー

左から オールキャンバス・つま先のみレザー・オールレザー

 

今回ワタシが買ったのはヌバックのオールレザーのモデル。

ヌバックレザー:コアブラックのレビュー

各部の写真

さっそく写真と一緒に見ていきたいと思います。

まずは箱から

3MC:箱

黒ベースに白のスリーストライプスが入った「THE アディダス」って箱。

オリジナルスなのでトレフォイルロゴになっています。

3MC

開けるとすでに紐が通った状態。
お店で出してもらった時も全て紐が通っていたので、蝶々結びだけ自分で。

ちなみに、、
靴が真っ黒&室内撮影なので、質感が伝わるよう
カメラのストロボをかなり強めに焚いてます!
実際はもっと真っ黒!

下手っぴでごめん…。

イシキ

つま先

つま先はオックスフォード。

素材的にホコリが付きやすく、ちょっと目立つかも。

でもしっかりした高級感があっていい感じです。

横から

横から。
ロゴパネルはそのままシーリーですね。

写真は明るくしていますが、側面のストライプは実際に肉眼だとほとんどわかりません。

肉眼で見た状態に近づけると、黒の濃さはこんな感じです

肉眼に近い黒

まぁ黒い。

ヒールパッチ

ヒールパッチがこちら。
これだけ見るとスタンスミスですね!

伝わるかどうかわからないのですが、
ヒールパッチの白い塗料がザラザラ(?)しています。
ガサガサというか。

ヒールパッチ

わかりますかね。
触ると引っかかる感じ。

シュータン

シュータン

シュータンはNIKEのSBなどと比べると薄いですね。
裏地はありますが、革一枚といった感じ。

ヒールパッチと同じように、シュータンの真ん中にもザラザラしたところがあります。

インソール

インソールがこちら。
トレフォイルロゴと、

なぜか「3ストライプのブランド」って書いてあるんですよ。

英語と日本語と、あとはよくわかりませんが多分ドイツ語と、どこか。

なんでこの文をインソールに入れたのか…。

アウトソール

そして最後が、GEOFLEX (ジオフレックス) の六角アウトソール。

8モデルあるうち、ヌバックを選んだ理由がコレ。

“赤のアウトソール”

個人的にど真ん中なんです。このコントラストが。

以前紹介したNIKE SB DUNKもアウトソールが赤で、すごく気に入ってます。

SB DUNK LOW "BLACK PIGEON"NIKE SB DUNK のサイズ感を「ブラックピジョン」で比較してみた!

サイズ・履き心地

1日目なのでまだまだ履き込めてはいませんが、
お店で試し履きした感じと、今日1日履いてみた感想になります。

VANS オーセンティックと比較して

VANS オーセンティック

ボード系のスニーカーの代表と言えば「VANS」

今日はオーセンティックを履いて店舗へ行き、
左足がVANS・右足が3MCという状態で店内を歩いてみました。
VANSと比較

サイズは同じ「US10 (28cm)」

歩いてみた感覚では、
縦 (長さ) は3MCの方が大きく、横 (幅) はVANSの方が大きいように感じました。

ただ、VANSの方は素材がキャンバスで、すでにかなり馴染んでいるので今の感覚が続くかは怪しいところ。比較したのはオーセンティックですが、エラだとまた違った印象かもしれません。

しかし、ホールド力というか、フィット感は圧倒的に3MCの方が優秀。

これもエラだと変わってくるかもしれませんが、3MCはキツ過ぎず足全体を包んでいるので履き心地が抜群でした。
アウトソールのグリップもしっかり効いていて、一歩歩くたびに “キュッキュッ” とブレーキがかかる感じ。

GEOFLEXのポテンシャルが凄い。

スタンスミスと比較して

スタンスミスと比較

スタンスミスもサイズは同じ「US10 (28cm)」

ジャンルが違うスニーカーなので比べるのは難しいですが、縦横ともに3MCの方が若干大きく感じました。

「ゆるい」とかそういった感覚ではなく、「動くための余裕がある」程度の違いです。

ただ一番違いを感じるのはグリップ力。これはハッキリと3MCの方が優れています。
まぁ、そういうスニーカーですもんね。

ちなみに紐はスタンスミスの方が明らかに質がいいです。
ギチギチに締めるのもスタンスミスの方がやりやすい。

STAN SMITH "RECON"STAN SMITH “RECON” (スタンスミス リーコン) のレビュー!これこそ大人のハイエンドモデル。

サイズを決めるときは
基本、いつものアディダススニーカーと同じサイズでOK。

若干大きい程度なので、気になるようであればハーフサイズ下げてもいいかも。
いや、でもいつものサイズの方がいいと思います。

3MC コレクションはこちら

まとめ

3MC

アディダス スケートボーディング (adidas Skateboarding) の新作スニーカー「3MCの紹介でした。

ミニマルなデザインなので、シンプルなスニーカーが好きな人はかなり満足できると思います。
街中でも見かけることが増えそうですね。

デザインでVANSと迷うようであれば、とりあえず3MCを勧めたい。
しかも8モデル全て、1万円以下という優しさ。

オールシーズン使えるスニーカーなので、よかったら履いてみてください!

■ アディダス『3MC』の新色と3ヶ月履き込みレビュー

■ adidasオンライン:3MC コレクション 

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"