誰でも美味しく。CHEMEX "ケメックス" 6カップ用のスタンダードで美味しい淹れ方・使い方 | isiki Factory

Coffee Coffee Tools

誰でも美味しく。CHEMEX "ケメックス" 6カップ用のスタンダードで美味しい淹れ方・使い方

              

最近、我が家はCHEMEX (ケメックス) でコーヒーを淹れるのが再ブーム。

思い返すと最初に使い始めた時は、豆の量もお湯の量も抽出量も全っ然わからなくて
やたら薄かったり濃かったり、味が全く安定しませんでした。

色々と調べながら試行錯誤しているうちに、やっと安定したスタンダードレシピができたので、今は好みに合わせて調整できるようになったんですね。慣れと経験て素晴らしい。

 

そこで、
まだCHEMEXで味が安定しない人へ"スタンダードで美味しい淹れ方"をお届けします。

慣れてしまえば好みで濃くも薄くも調整できるので、参考にしていただければと思います。
と言っても我が家のレシピで大変恐縮ですが…。

 

「CHEMEX?」という方は
気分も味わう。CHEMEXのコーヒーメーカーはやっぱりオシャレ。」という記事も参考にどうぞ!

 

6cupBrew

 

スポンサーリンク

準備

今回は6カップ用のCHEMEXクラシックシリーズを使用します。
というか、これしか持っていないので他のサイズで同じようになるかは不明。

 

 

抽出量は約600cc。
一般的に言うと役4杯分ですが、どれくらいかというと下の写真くらい。
専用のスケールがあると時間と量が同時に計れるので便利です。

抽出量

目安となる抽出量

我が家のスケールはHARIO (ハリオ) のものを使用。

 

豆とお湯

■コーヒー豆は30g
最初から挽いてあるコーヒー粉でも同じ。
もし電動ミルなど自宅で挽けるのであればお湯を落とす直前に挽いた方が美味しい!

 

■お湯は1Lくらい沸かしておく。
実際に注湯 (お湯入れ)するのは700mlくらいなのですが、残りの300mlで器具を温めるのに使います。電気ケトルがあると便利。

豆30g

豆30g

CHEMEX本体を温めてペーパーをセット

お湯が沸いたらコーヒーポットに700mlお湯を入れて、300ml程度CHEMEX本体にもお湯を入れて温めます。

器具が温まったら中のお湯はポイ。
このあと専用のペーパーフィルターをセットします。

※ワタシはペーパーに湯通ししない派ですが、お好みで湯通しと温めを同時にしてもOK。

ペーパーフィルターをセット

ペーパーフィルターをセット

専用のペーパーフィルターは最初から折ってあるので、
写真のように3枚と1枚に分けて開き、セットします。

ワタシはなんとなく3枚の方を注ぎ口側にしてセットしてます。

1枚の方が注ぎ口側だと場所によって抽出のバランスが変わってくる気がするので。
でも実際はどうなんでしょうね。

 

粉を入れたら1湯目

ペーパーをセットしたらコーヒー粉を入れます。
自宅で挽ける環境があれば、このタイミングで挽くのがベスト!

挽き方は中挽きを基本にお好みで調整してOKです。

粉を入れたら軽く揺すって平らにします。

 

1湯目を注ぐ

中央から「の」の字を書くようにお湯を注いでいきます。
コーヒー粉全体にお湯が浸透したらストップ。

ペーパーに直接お湯がかからないように注意してね!
いつも1湯目は大体100mlくらい入れています。時間にしておよそ10秒くらい。

1湯目と蒸らし

1湯目と蒸らし

30秒蒸らす

粉全てにお湯が通るように30秒蒸らします。

新鮮なコーヒー豆を使っていると、この蒸らしで綺麗なコーヒードームができますね。

1湯目の注ぎと合わせて、蒸らしが終わった時点で計40秒くらいが目安。

 

蒸らし終えたら2湯目

2湯目を注ぐ

1湯目と同じように、中央から「の」の字を書くようにお湯を注いでいきます。
ここでも同じようにペーパーに直接お湯がかからないように!

量にして大体フィルターの半分くらいの高さまでお湯を入れます。

CHEMEXはHARIOなどに比べて抽出時間が長く、コーヒーポットの先端からコーヒー粉まで距離があるので、割とドバドバお湯を入れる感じになると思います。

ドバドバって表現があっているかはわかりませんけど。

2湯目はペーパーの半分くらい

2湯目はペーパーの約半分くらい

ここまでで、注湯量が合計350ml程度。

 

表面の水位が下がってきたら3湯目

3湯目を注ぐ

2湯目を注いだ後、表面の水位が下がってきたら3湯目を注ぎます。
これまで同じく「の」を書いてペーパーに触れないように!

3湯目からはペーパーの縁ギリギリまでお湯を注ぎます。

3湯目はフチのギリギリまで

3湯目はフチのギリギリまで

写真だとちょっと水位が下がってきていますが、これくらいまでお湯を入れて大丈夫。

ここまでで、注湯量が合計550ml程度。

 

4湯目以降は永遠に

4湯目からは一定のペースで注ぐ

ここまでは割とドバドバお湯を注いでいましたが、
ここからはグッと湯量を抑えて (細くして) お湯を注いでいきます。

 

注ぎ方は変わらず、
ポイントは注湯量が700mlになるまで一定のペースでお湯を注ぐこと。

700ml注湯したらあとは放置で大丈夫です。

700ml

700ml注ぎ終わったらあとは待つだけ

実際650mlもお湯を注げば600mlのコーヒーは抽出できるのですが、最後の方はドリッパー内のコーヒー粉がカラッカラなんですね。

コーヒー粉を最後まで出し切ってしまうと雑味が増えてしまうため、ちょっと多めの700mlまで注湯しています。

ペーパー内にまだお湯が残った状態で600mlを抽出。

 

600ml抽出された時点でペーパー内にお湯が残っていますが捨ててしまいます。

コーヒー豆の種類や部屋の湿度によっても変わりますが、
1湯目を注いでから600ml抽出するまで合計3分30秒〜4分くらい。

 

揺すって完成!

最初と最後で抽出されたコーヒーの濃度が違うので、軽く揺すって撹拌します。
もちろんスプーンとかマドラーでも。コーヒー全体が混ざり合うイメージです。

完成!
お疲れ様でした。

まとめ

CHEMEX

■豆30g、お湯1Lを準備&器具を温める
■1湯目を注いだら30秒蒸らす
■2湯目はペーパーの半分くらいの高さまで
■3湯目は縁のギリギリまで
■4湯目以降はお湯を細くして一定のペースで
■最後に撹拌して完成

 

以上が我が家の "CHEMEXスタンダードレシピ" のご紹介でした。
慣れてきたら豆の量やお湯の量など、気分と好みで調整してください!

目安となる時間と注湯量ですが、専用のスケールがあると同時に計れるので超便利ですよ。

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

-Coffee, Coffee Tools