【保存版】FELLOWの電気ケトル「Stagg EKG」を全種類まとめてみた!

FELLOW 電気ケトル全ラインナップ

こんにちは、イシキ(@isiki6)です!

コーヒーツール、とりわけコーヒーケトルの中でも
近年もっとも “アツく注目されている” と言っても過言ではない
FELLOW Stagg EKG 電気ケトル

プロのバリスタが競技大会でこぞってFELLOWを使用したことで一躍脚光を浴び、
ブルーボトルコーヒーを始めとした海外の “イケてるコーヒースタンド” の定番コーヒーウェアとなっていますよね。

日本でも人気、知名度ともに上がってきたとはいえ、
HARIOのV60ヴォーノBALMUDA The Pot ほどメジャーな情報が出ていない状況。

じゃあ、知りたい。

世界的にこれだけ流行っているなら、FELLOWについて全貌を知りたいコーヒー好きも多いはず。

…と思ったので(個人的な備忘録も兼ねて)

FELLOWのケトルを全種類まとめてみました!

コーヒーラバーの皆様へ、
ぜひお好みを吟味してください。

日本ではまだ発売されていないモデルも含まれていますが、
発売の確認が出来次第、随時情報を更新していきます。

タップできる目次

FELLOW Stagg EKG 電気ケトル

FELLOW Stagg EKG 電気ケトル
FELLOW Stagg EKG 電気ケトル

FELLOWの中でもっとも代表的な電気ケトル
【Stagg EKG Electric Kettle】

ケトル本体とハンドル色 (素材) の組み合わせを選べます。
執筆時点では計10色の展開となっていますが、今後もカラーバリエーションは増えていきそう。

新色が出た際はまた情報を更新していきますね!

FELLOW Stagg EKG 電気ケトルのスペック

Stagg EKG 電気ケトル:スペック表
  • ベースサイズ:縦171mm・横171mm・高さ23mm
  • 本体サイズ:底直径145mm・高さ175mm
  • 重さ①:820g (本体のみ)
  • 重さ②:1,274g (ベース含め)
  • 容量:0.9リットル
  • 温度調整:1℃単位
  • ストップウォッチ機能:あり
  • 保温機能:あり

※本体重さを除き、全カラー共通スペック

人気の競合とスペック比較

コーヒー用 (ドリップ) 電気ケトルの中でも
特に比較されやすい人気機種とスペックを比較してみましょう。

スクロールできます
製品名Stagg EKGBALMUDA The PotEGL-C1280
メーカーFELLOWBALMUDA山善
イメージStagg EKG 電気ケトルBALMUDA The Pot山善EGL-C1280
重さ(本体)820g600g600g
容量(満水)0.9L0.6L0.8L
温度調整機能1℃単位なし1℃単位
保温機能60分間なし60分間
ストップウォッチ機能ありなしなし
Amazonで見るAmazonで見るAmazonで見る

本体の重さが唯一のネックですが、
容量を含めた主要スペックはFELLOWが圧倒的に優秀。

また、別の記事で詳しくご紹介していますが、
FELLOWのハンドルはあとから交換が可能で、
ウッド素材に変更すると本体の重さも軽くなります。

マットブラック

マットブラック
マットブラック

FELLOW電気ケトルの
代名詞的な定番モデル『ブラック』

“FELLOWのケトル” といえばまずこのモデルを思い浮かべると思います。

ブラックはハンドルカラー別で3色展開。

黒のベーシックハンドルの他、
ウッド素材の「ウォルナット」と「メープル」の2バージョンがあり、
ワタシが使っているのも【ブラック×ウォルナット】のモデル。

FELLOW Stagg EKG 電気ケトル
FELLOW Stagg EKG 電気ケトル

↑最近やっとメープルハンドルが日本のSSENSEでも発売されました!

マットホワイト

マットホワイト
マットホワイト

ホワイトモデルは
ボディと統一された美しい「ホワイト」と「メープル」の2色展開。

後付けのカスタムで
ハンドルを「ウォルナット」に交換することもできますが、

FELLOWの公式サイトでは

「真っ白なボディを汚してしまうかもしれないから、ウォルナットに交換はオススメしないよ!」

と謳っているので、たぶん本当に合わないんでしょうね・・

↑「ブラック×メープル」と同じタイミングで、
「ホワイト×メープル」も発売開始されています!

コパー・シルバー

ゴールド・シルバー
ゴールド・シルバー

コパー・シルバーはシンプルに1色ずつの展開。

ともにハンドルは黒のベーシックモデルとなっています。

※コパーは正確にはPolished Copper(磨かれた銅)というカラーネームです

ストーンブルー

ストーンブルー
ストーンブルー

新色で登場したストーンブルー
ウォルナット」と「メープル」のウッド仕様のみ2色展開。

ストーンブルーはリリースしたばかりだからか、現在どちらのカラーも見つからず…

めちゃくちゃカッコいいので早く日本でも買えるようになってほしい・・

ワームピンク

ワームピンク
ワームピンク

こちらも新色のワームピンク

ハンドルは「メープル」のみとなっており、
女性のインテリアにも合うようピンクを纏いながらも上品に仕上がっています。

FELLOW公式が自信作と言わんばかりにプッシュされている新カラーなので、
正直男性から見てもめちゃくちゃ可愛い…

ワームピンク

FELLOW Stagg ケトル(温度計付き)

FELLOW Stagg ケトル(温度計付き)
FELLOW Stagg ケトル(温度計付き)

『Stagg PourOverケトル』は電気ではなく、
いわゆる “やかん式” の直火モデル

電気で温度調整ができない代わりに
初期装備で蓋に温度計がついていることが大きな特徴です。

蓋の温度計は標準装備
蓋の温度計は標準装備

FELLOW Stagg Pour Overケトルのスペック

Stagg PourOver ケトル:スペック表
  • 本体サイズ:横265mm・縦130mm・高さ145mm
  • 重さ:530g
  • 容量:1リットル
  • 加熱対応:ガス・電気・電磁・IH

※全カラー共通スペック

公式マニュアル
公式マニュアルより

ブラック・ホワイト・コパー・シルバー

FELLOW Stagg Pour-Overケトルはハンドルでのカラーバリエーションは展開しておらず、
ボディのみで4色ラインナップとなっています。

コパー (Polished Copper) は見つからず…

FELLOW Corvo EKG 電気ケトル

FELLOW Corvo EKG 電気ケトル
FELLOW Corvo EKG 電気ケトル

FELLOWの最新電気ケトル『Corvo』

先程まで紹介していた『Stagg EKG 電気ケトル』のスペックはそのままに、
注ぎ口を大きくすることでコーヒーに限らない調理器具に進化したモデル。

お茶、紅茶、ホットチョコレート、オートミールなど、
“お湯” を必要とするあらゆる場面を想定して注がれる湯量を精密に設計したFELLOW新型の電気ケトルとなっています。

お茶や紅茶にも
お茶や紅茶にも

一見すると “おしゃれな電気ケトル” ですが、
『Stagg EKG電気ケトル』の “スペック持ちやすさ” はそのままとなっているので
すでにFELLOWを使っている人ほど便利さを実感できるかも。

FELLOW 電気ケトルのバリエーション:まとめ

FELLOW Stagg EKG 電気ケトル

FELLOW電気ケトルの全色・全種類のまとめでした。

どれくらいのバリエーションがあるのかずっと気になっていたので
自分の中でも全体像が把握できてよかった。

あわせてFELLOWハンドルの交換方法使い方レビューもしていくので
よかったらチェックしてみてください!

FELLOW 電気ケトル全ラインナップ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次