ウェーブフィルター収納ケースの最適解『カリモクxブルーボトルコーヒー』のフィルターケース

カリモクxブルーボトルコーヒー
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、イシキ(@isiki6)です!

今回はカリタのウェーブドリッパー
…の専用「ウェーブフィルター」について。

ウェーブフィルターは一応、ウェーブドリッパー専用となっていますが、
他にもORIGAMIドリッパーブルーボトルのドリッパーでも使える、
実はかなり万能なフィルター。

ウェーブフィルター対応ドリッパー
ORIGAMI・ウェーブ・ブルーボトル

ただ、ウェーブフィルターを使っていて、

ウェーブフィルターって収納・保管に困る

って感じたこと、ないですか?

ワタシはもうずーっと困っていたんですね。

というのも、他のペーパーフィルターと違ってウェーブフィルターは “立体になっている” ため、ある程度の場所を取り、

さらに (※こっちの方が重要ですが)

オシャレなフィルターケースがない!!

コレに尽きる。

カリタから公式の収納ケースが出ているっちゃ出ているのですが、
正直…ちょっと好みじゃない…。

ウェーブフィルターケース

オシャレな収納ケースがいつか出てくれるはず…

そんな願いがついに届いたのか、
なんとブルーボトルコーヒーから専用のフィルターケースが登場!

カリモクxブルーボトルコーヒー

発売日に即購入してから
現在まで約3ヶ月使っているのですが、

文句なし、完璧。

正直、ウェーブフィルターの収納ケースの中では “ほぼ一択” というくらいオススメ。

発売後すぐに完売してしまったので、紹介するのをためらっていたのですが、
どうやら公式サイトで再入荷してる様子!
ただし購入できる点数に制限がかかっています!
(※記事執筆時点)

ということで、再度売り切れる前にさっそく紹介レビューをお届けしたいと思います!

KARIMOKU × BLUE BOTTLE フィルターケース
created by Rinker
BlueBottleCoffee
目次

カリモクとは

カリモク

今回ブルーボトルコーヒーから出たフィルターケースは『カリモク』とのコラボアイテムになっているのですが、

まずは『カリモク』について簡単にご紹介したいと思います。

『カリモク』とは日本の老舗家具・インテリアブランド

カリモク家具株式会社になる前の “木工所” の創業が1940年なので、
日本最大級の老舗家具メーカーなんですね。

名前にピンとこない方でも、
きっとこういった↓↓椅子やソファをどこかで見たことがあるのではないでしょうか。

カリモクKチェア1シーター
カリモクKチェア1シーター
カリモクKチェア2シーター
カリモクKチェア2シーター
カリモク ソファ

カリモクのモクは “木材のモク” が由来になっているくらい、木材がアイデンティティとなっているので
(ちなみにカリは愛知県 “” 谷市から)

今回のフィルターケースももちろん、
素材は天然の木材。

KARIMOKU × BLUE BOTTLE フィルターケース
created by Rinker
BlueBottleCoffee

カリモク x ブルーボトルコーヒーのフィルターケース

カリモクxブルーボトルコーヒー

ここからは、
実際に『カリモクxブルーボトルコーヒー』のフィルターケースを使って感じた4つのメリット、おすすめポイントをご紹介したいと思います。

とにかくデザインがオシャレ!

カリモクxブルーボトルコーヒー
底面にはコラボの刻印
底面にはコラボの刻印

まずなんと言ってもデザインがイイ。

天然のオーク材でできた自然な風合いがとても優しい佇まいで、
どこに置いてあっても悪目立ちせず、インテリアの一部として馴染んでくれます。

「手元に置いておきたい」という気持ちにさせてくれるってとても大事。

また使い勝手の面でも側面にスリッドが入っていることで
フィルターの形状を崩さずに保管し、取り出すことができます。

カリモクxブルーボトルコーヒー

インテリアとしても美しく、
ウェーブフィルターの形状もキープしたまま保管収納ができる。

もうこれだけでも本当に買ってよかった。

蓋はコースターとしても使える

蓋はコースターとして
蓋はコースターとして

蓋がついていることでフィルターにホコリが入らないのはもちろん、
この蓋は裏返すことでコースターとしても使えるように設計されています。

普段は使わなくても、来客時などにこれが大活躍!

素材が天然のオーク材なのでかなり立派なコースターに変身し、しれっと使うと高確率で驚かれます。

気分は老舗の甘味処。

1箱分(50枚)がラクラク収納可能!

収納力も抜群

デザインが良くても、
見た目だけで本来の “収納ケース” としての役割が微妙であったら実用性がないと思うんです。

しかし!

『カリモクxブルーボトルコーヒー』のフィルターケースは収納力も抜群。

ケースサイズ:W125×D125×H125 mm

このサイズの中に、
185(2〜4人用)のウェーブフィルター50枚(1箱分)がラクラク入ります。

25枚でこれくらい↓

25枚
25枚

50枚でこれくらい↓

50枚
50枚

1〜2人用の155サイズであれば、重ねてもっと入るかもしれません。

1箱分まるまる収納できるのは実用的にもとても助かります。

フィルターの残りがパッと見でわかる

同じような写真で申し訳ないのですが、
便利だったポイントで見逃せないのが

【フィルターの残りがパッと見でわかること】

空っぽの状態
空っぽの状態

これまではフィルターを箱に入れたまま保管していたので、どれくらい残っていたかついつい忘れてしまう、なんてことがあったのですが、

ご覧のように側面のスリッドのおかげで常にフィルターの残りを確認することができます。

パッと見でわかる

「絶対忘れないよ!」って人はあまりメリットに感じないかもしれませんが、

複数の抽出器具・複数のフィルターを使っていると、各フィルターの在庫を忘れちゃうこともあると思うんです(…きっと)。

このフィルターケースのデザインであれば絶対忘れないので、ちょっと地味ですがこれも大きなメリットでした。

KARIMOKU × BLUE BOTTLE フィルターケース
created by Rinker
BlueBottleCoffee

ドリッパースタンドもオススメ

今回の【カリモクxブルーボトルコーヒー】のコラボシリーズ、

実はフィルターケースと同時にドリッパースタンドも発売されています。

ドリッパースタンド

フィルターケースのウッドテイストが好きな人であれば
このドリッパースタンドもかなりオススメ。

フィルターケースと同じく天然の木材でありながら、オークの他にウォルナットも使われています。

ウォルナットに刻印

さすがカリモク、
ウィルナットの質感もめちゃくちゃ良い。

また、サイズ感はこのような感じ↓

スタンドサイズ:W180×D120×H200 mm

サイズ寸法だけではイメージしづらいと思い、
各種ドリッパーをセットした写真を撮ってみたので、よかったらイメージの参考にしてください!

各種ドリッパーをセット

どのドリッパーも絵になる…

普段はこのドリッパースタンドにKINTOのコーヒーサーバー(600ml)を乗せて使っています。

普段はこんな感じ

サイズもぴったり!

少し話がそれてしまいましたが、フィルターケースと同じくこちらも購入できる点数が決まっている人気アイテムなので
ウッド系がお好きな人はぜひチェックしてみてください!

KARIMOKU × BLUE BOTTLE ドリッパースタンド
created by Rinker
BlueBottleCoffee

カリモク x ブルーボトルコーヒー『フィルターケース』:まとめ

カリモク x ブルーボトルコーヒー

【カリモク×ブルーボトルコーヒー】の
ウェーブフィルターケース (と、ドリップスタンド) の紹介レビューでした!

このフィルターケース、正直ウェーブフィルターを使っている人全員にオススメしたいくらい。

困っている期間が長かった分、
満足度が高すぎる。

限定じゃなくて定番商品になってくれないかな…

KARIMOKU × BLUE BOTTLE フィルターケース
created by Rinker
BlueBottleCoffee
KARIMOKU × BLUE BOTTLE ドリッパースタンド
created by Rinker
BlueBottleCoffee
こちらもどうぞ
カリモクxブルーボトルコーヒー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる