KINTO (キントー) のコーヒー器具をブラック一色で揃えたい。ドリッパー・スタンド・ケトル編

KINTO BLACK ITEM

最近、KINTO (キントー) の人気がグングン上昇しています。個人的に。

コーヒー器具は、壊れない限り一度買えば半永久的に使えるのが魅力だったりするのですが、
逆に言えば、中々買い替えることがない。

ドリッパーならまだしも、コーヒーポット (ケトル) やコーヒーサーバー、ドリップスタンドなんかは複数あると置き場に困ってしまいます。

 

とは言っても、やっぱり気になってしまうのが人の性でして、
器具一式が揃っていても、魅力的に見えてしまうのがKINTOの器具。

KINTOから出てくる黒いコーヒー器具がホントにカッコいいんです。

 

今回はそんなKINTOの黒いコーヒー器具をまとめてみました。

コーヒードリップするとき、雰囲気も楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

 

KINTO BLACK ITEM

ドリッパー:OCT シリーズ / ブラックブリュワー

OCTシリーズ:左 4カップ 右2カップ

OCTシリーズ:左 4カップ 右2カップ

 

OCT (オクト) シリーズから出ている黒のドリッパー。

八角系「Octagon」をベースにデザインされているので名前がOCT (オクト)。

 

“建築を思わせるようなコーヒーウェア” とキャッチコピーがうってあります。

プロダクトとして純粋に美しいデザインですね。渋いです。
使わないときは飾っているだけでも絵になります。

 

素材が磁器なので食洗機での使用もOK。
もともとホワイト一色の展開だったのですが、2017年12月のブラックが追加されました。

現在ブラックモデルはKINTOオンラインショップのみの取り扱いとなっていますが、
近々Amazonや楽天でも買えるようになるはず。

参考:KINTOオンラインショップ・OCT

 

OCTは “シリーズ” となっていて、ドリッパー以外にもこの八角形ブラックアイテムが存在するのですが、下でもう一つのOCTを紹介します。

 

スタンドセット:SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY シリーズ / タイプ04 ブリュワースタンドセット

SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY 04 ブリュワースタンドセット

SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY 04 ブリュワースタンドセット

 

SLOW COFFEE STYLEシリーズの中でも、さらにSPECIALTYなモデル。

マットブラックで統一された文句なくカッコいい佇まいです。

実はこのドリップスタンドが欲しくて欲しくて、過去に一度紹介しているんです。

 

 

セット内容は

・ドリッパー (2 or 4カップ)
・ドリップスタンド
・コーヒーサーバー (2 or 4カップ)
・ホルダー
・ペーパーフィルター

 

セットとなっていますが、全て単品でも売られています。
また、大きさも2カップと4カップの2サイズ展開。

ドリッパー (ブリュワー)

ドリッパー (ブリュワー)

 

ドリップスタンド

ドリップスタンド

 

ドリッパーは磁器、スタンドは鋳物となっているので質感もしっかり手に馴染むザラつき感。
ザラつくって表現があっているのかわかりませんが、ツルツルしていないので滑りにくく、重厚感がまたたまらないんです。

マグに直接でもOK

ドリップスタンド質感

 

ちなみに「ホルダー」とはドリッパーを立てておくことができる便利アイテム。
ドリップが終わった後もポタポタとコーヒーが落ちてくるので、ホルダーがあると思いの外重宝します。

ホルダー

ホルダー

 

個別で揃えるか、セットで統一感を出すかが悩みどころです。

 

 

 

コーヒーポット:POUR OVER KETTLE シリーズ / ブラック

POUR OVER KETTLE ブラック

POUR OVER KETTLE ブラック

 

POUR OVER KETTLE (プアオーバーケトル ) シリーズのオールブラックモデル。

4色展開となっていて、どれも捨てがたいカッコよさがあるのですが、
ブラックで統一するならやっぱりここもブラックを選びたいなぁ。

ちょっとだけ急須っぽい印象がある気がします。

 

POUR OVER KETTLE 4カラー

POUR OVER KETTLE 4カラー

 

しっとりと色気のある黒ですね。

素材は高級ステンレス、容量は900mlとなっています。
見た目が良い上に、機能面もかなり優秀で、

持ちやすい・蓋を開けやすい・湯量のコントロールがしやすい・最後の一滴まで注げる

恐ろしい。
今更ですが、KINTOって黒の製品が本当に強いと思います。

ちなみにこのプアオーバーケトルは2018年発売なのでかなり新しいモデルとなっていて、
これまた余談ですが他のケトルと共に紹介しているので良かったら参考にしてください。

 

 

 

コーヒーカップ:OCT シリーズ / カップ&ソーサー・マグ

OCTシリーズ:ブラックモデル

OCTシリーズ:ブラックモデル

 

最初にご紹介したドリッパーと同じOCTシリーズから、カップのラインナップです。

コンセプトはドリッパーと同じですが、このカップの取っ手のフォルム、憎いですね。

 

大きさ・種類が全部で4つあり、

・カップ&ソーサー:  80ml
・カップ&ソーサー:220ml
・カップ&ソーサー:300ml
・マグカップ         :300ml

の展開となっています。
好みのサイズを選んでもよし、全て揃えてもよし。

OCTカップ&ソーサー:80ml・220ml・300ml

OCTカップ&ソーサー:80ml・220ml・300ml

 

OCTマグカップ:300ml

OCTマグカップ:300ml

 

ソーサーのカップを置く面もしっかり八角形になっています。

カップって、コーヒー周りのアイテムでは性格というか個性が一番わかりやすく出るような気がするので、せっかくだったら拘りたいなと。

ワタシはソーサーを持っていないので、
カップ&ソーサーはちょっと憧れています。迷いどころはサイズです。

 

ドリッパーと同じように、ブラックモデルはまだKINTOオンラインのみの取り扱いですが、
写真に写っているサーバー (ジャグ) はAmazonや楽天でも購入可能となっています。

ジャグのサイズは300mlと600ml。

 

 

 

まとめ

KINTO (キントー) の黒いコーヒー器具のご紹介でした。

他のメーカーからも黒い器具はいっぱい出ているんですけど、
KINTOは頭一つ飛び出てデザインがいいと思うんですよね。

質感なのか、“ちょっといい黒” って印象があります。

これからコーヒー器具を買う予定の方は黒で統一してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"