独断と偏見で選ぶ、2017年夏に欲しいTシャツ特集。というか、個人的に欲しいTシャツ。 | isiki Factory

Fashion Style

独断と偏見で選ぶ、2017年夏に欲しいTシャツ特集。というか、個人的に欲しいTシャツ。

              

今年、ホントに暑い。

8月とかどうなっちゃうんだろってくらい暑いと思いませんか。
ワタシ暑がりなので、5分の信号待ちでも日陰を探したくなります。

 

この暑さのせいなのか、最近妙にTシャツが欲しくなるんですよね。
スニーカー収集だったり、フィギュア収集だったり、男子は何かしら収集癖があると思うのですが、それのTシャツ版。

Tシャツならそこまでかさ張らないし、夏は毎日着るので数が必要。
秋冬はインナーとして使えるので、オールシーズン対応してる万能アイテム!

 

という言い訳を自分にしながら、
備忘録も兼ねて2017年夏に欲しいTシャツをピックアップしたいと思います。

完全に独断と偏見、好みのピックアップです。

Tシャツ特集

スポンサーリンク

今年のTシャツ トレンド

Tシャツにトレンドなんてあるの?

って感じもしますが、毎年あるんですよ。
本題のTシャツに入る前に、今年のトレンドと言われているメイン2つを一応確認。

イメージしやすいように、SNSなどに投稿されているものを参考に。

ビッグシルエット

ビッグシルエット

参照:WEAR

 

ビッグシルエット

参照:WEAR

 

ジャストよりオーバーサイズ気味に着用する感じ。
サイズを上げてもいいですし、もとから大きめに作ってあるTシャツもあります。

 

ロゴ

ロゴT

参照:hypebeast

 

ロゴ

参照:netViVi

 

ロゴが入ったシンプルなもの。
ブランドだったり、バンドだったり、いろんなタイプのロゴがあります。

agnes b (アニエスベー) のTシャツは今年本当によく見かけますね。
あとTHRASHER (スラッシャー) もよく見かけます。

 

トレンド… 着る?

「トレンドに流されない」的なことを以前何かの記事で書いたのですが、
「完全に無視するのか」と言われればそれもまた難しいところ。

というのも、ビッグシルエットT・ロゴTって、定番的に出てますよね…。
特にロゴTなんて流行り廃りがないような。

「みんなが着てるから着る!」って感じで買うことはないですが、
流行りに乗りたくない人でも、今回は選んでみてもいいと思います。
ビッグシルエットは涼しくて気持ちいいですし。

 

2017年夏に欲しいTシャツ

ここからが本題。
個人の好みでのピックアップですが、マイナーなブランドもあるので
よかったら参考にしてみてください。

 

Hanes  BEEFY

Hanes BEEFY

 

Tシャツの王様といっても過言ではないHanes (ヘインズ) の無地T。

ヘインズは何種類かTシャツを出しているのですが、その中でもBEEFY (ビーフィー) はヘビーウェイト。
生地が厚くて着心地がいい。その上洗濯してもヨレない。

おそらく、ヘインズの中で一番人気があるんじゃないかな。
メンズ・レディース共に、アパレル店員の私服でよく着ているのもBEEFYでしたね。

色違い型違いも含め、何着でも持っていたい。なにより安いから躊躇せずに買えるのも良し。
BEEFYに関しては、また個別で記事を書こうかなと思ってます。

 

 

A.P.C.  HIVER 87

A.P.C. HIVER 87

 

A.P.C. (アーペーセー) の初コレクションをラベル名にした新ラインHIVER 87

HIVERはフランス語で「冬」の意味。
読み方は「イヴェール」です。

30周年記念ということで、87年の初コレクションをラベル名にしたアニバーサリーコレクション。
Aが反転しているのが特徴で、普通よりちょっと所有欲が満たされそう。
写真右のネイビーが気になってます。

ロゴTですが主張しすぎていないのがいい。A.P.C.って嫌味がない。
形もキレイです。

■A.P.C. オンラインストア
http://www.apcjp.com/jpn

 

VLONE

VLONE

 

一般的にはあまり知られていないかも。特集とかもほとんどされない。
けど、世界では超人気のブランドVLONE (ヴィローン)

ニューヨークを拠点に活動するA$AP Mob (エイサップ モブ) に所属するA$AP Bari (エイサップ バリ) のブランドです。
A$AP Mobとそのメンバーについては、紹介するとものすごく長くなってしまうので、ぜひ調べてみてください…。

ブランド名の由来が素敵で、「Alone (独りぼっち) 」からきています。

独りぼっちで孤独を感じていた時期にブランドを立ち上げ、頭文字の「A」を逆さまにしたそうです。
逆さまにした意味を色々考えちゃいますよね。最近問題を起こしちゃいましたけど。

白は持っているのですが、今年はなぜかすごく黒が欲しい。
ちなみに、生地は「悪くないけど良くもない」といった感じです。
早く日本に旗艦店ができないかな。

 

STIR

STIR

 

ブランドには申し訳ないですが、多分…あまり有名じゃない。
けど、最近すごく欲しいTシャツブランドのSTIR (スティア)

超度詰めハイゲージTシャツということで、着心地が半端じゃなくいいはず。
生地目を極限まで詰めて加工しているので光沢感も素晴らしい!

裾が独特な形をしているのも特徴がありますね。
前後で長さも違ってシャツのような雰囲気です。

このSTIRと、次に紹介するブランドでどっちにしようか迷っています。

■STIR ホームページ
https://stir.official.ec

 

LOOK SEA

LOOK SEA

 

大人へ向けた本物の上質にこだわるシルクブランドLOOK SEA (ルクシー)

独自開発のダイナミーシルクであったり、日常的に使えるシルクTシャツというのがすごくいい。
多分、ですけどこの記事で紹介するTシャツの中で一番着心地がいいんじゃないかなと思ってます。

特に気になっているのがコットン&シルクのTシャツ。
表がコットンで、肌に触れる内側がシルクになっているんだそうです。
いやー贅沢ですね。

今年、2017年の1月に伊勢丹でポップアップストアが開催されたので、知名度もうなぎ上り。
「知る人ぞ知るブランド」という感じになったのかもしれません。

一度着たら他が着れなくなりそうで怖いですけどね。

■LOOK SEAホームページ
http://www.looksea.jp

 

カフェやコーヒーショップのオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツ

 

最後は「ここの」というわけではなく、
カフェやコーヒーショップで販売されているオリジナルTシャツ全般。

毎年なにかしら買おうと思っているのですが結局買わず終い。
お店に行っても結局Tシャツじゃなくてコーヒー買って帰っちゃうんですよね。

基本的に「街でほとんどかぶらない」というのも大きな魅力。
渋谷は人が多いので歩いているとかぶるかぶる。
万が一かぶっても「あ、あの人もコーヒー好きなんだ」ってなんとなく優しくなれそう。

今年こそは。

 

まとめ

2017年夏に欲しいTシャツというタイトルで特集してみました。

案の定、個人的に欲しいものだけになっちゃいましたけど。
これから夏本番に向けて「今年のTシャツ」を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

-Fashion, Style