すごい!15分で水出しアイスコーヒーを抽出。『COLD BREW COFFEE MAKER』レビュー

COLD BREW COFFEE MAKER

最近、コーヒーガジェットの進化がすごい。

水出し(コールドブリュー)コーヒーといえば、
雑味の少ないまろやかな口当たりで人気な反面、
概ね8時間ほどかけてゆっくり抽出するのが一般的。

水出しコーヒーのメジャーな抽出器具といえばHARIOのフィルターインボトルが有名ですが、これもやっぱり8時間かかっちゃう。

「飲みたい」と思ってもすぐに飲めないところが水出しコーヒーの大きなボトルネックでした。

…でももう、
それは過去の話になってきたかも。

今回いただいた『COLD BREW COFFEE MAKER』、なんと15分で水出しコーヒーを抽出できちゃう。

「おいおい嘘だろ、美味しくないんだろ」って疑いたくなる気持ち、わかります。

しかしどうやら
そういう時代じゃないらしい。

水出しコーヒー難民へ、さっそく紹介していきたいと思います。
フジテレビの「ノンストップ」でも特集(2022/8/16)されているコーヒーガジェットなので、本格的にコーヒー好きな方はぜひチェックしてみてください。

記事執筆時点ではクラウドファンディング「Makuake」で先行販売・早期割引中!

\ Makuake先行販売 /

タップできる目次

超手軽。15分で水出しコーヒーを抽出する『COLD BREW COFFEE MAKER』

COLD BREW COFFEE MAKER
COLD BREW COFFEE MAKER
  • サイズ│高さ280×直径100(mm)
  • 重量│約970g
  • サーバー素材│強化ガラス
  • 稼働時間│2〜3時間(満充電時)
  • モード│15分/30分/45分/カスタム
  • 容量│Max:600ml・Min:400ml
  • 電源│USB充電式 (Type-C)
  • お手入れ│本体以外は丸洗い・食洗機OK

『COLD BREW COFFEE MAKER』をすごく簡単に説明すると、

400mlか600mlの水出しコーヒーを最短15分で抽出できちゃうよ

というコーヒーガジェット。

【使い方・抽出方法】については下で詳しく紹介するとして、
まずはざっくりと全容から見てみます。

パーツは主に4つ

『COLD BREW COFFEE MAKER』は分解すると主に4つのパーツに分けられ、

  • 本体 (タッチパネル)
  • ガラスサーバー
  • コーヒーカップ
  • 氷カップ

このうち、タッチパネル付きの本体以外はすべて丸洗いが可能(食洗機OK)

このタッチパネル付き本体(以下、本体)で抽出時間の操作や充電を行います。

USB充電

充電はガジェット界隈で主流のUSB-C。うれC。
バッテリー (充電) 残量も表示されます。

充電残量73%
充電残量73%

コーヒー粉を入れるコーヒーカップの底面はステンレスのメッシュフィルター

メッシュフィルター

ペーパーフィルターと異なり、メッシュフィルターはコーヒーオイルを含めたコーヒーの成分がダイレクトに抽出され、コクのある豆本来のテイストを楽しむことができます。

CHEMEXコーンフィルターなんかが有名ですよね。
ステンレスなので丸洗いができる点もコスパ的に◎

また細かいところですが、ガラスサーバーの底面にゴムのストッパーが付いているところ、気が利いていてとてもGood。

ゴムストッパー

高さのあるボトル容器って思っている以上に、いや、思ってもいないところで倒れたりするもので。

ペットだったり、小さなお子さんがいる家庭ではこのストッパー超大事。

どういう仕組み?

抽出中

そもそも、8時間かかる抽出が15分でできちゃうってどういう仕組みなのか。

これは「真空抽出技術」というもので、
真空になったサーバー内で加圧と減圧を自動で繰り返し、水がコーヒー粉と何度も触れ合うことで抽出時間が短くなるという仕組み。

動画で見ると「おぉ、なるほど」ってなると思います。

こんな感じ
こんな感じ

サーバー内で水が上がっては下がって、上がっては下がってを繰り返し、どんどんコーヒー色に染まっていく様は見ていて結構楽しい。

抽出中

ドラム式洗濯機をずーっと見れちゃう、あの感じ。

抽出方法│水出しアイスコーヒーの作り方

COLD BREW COFFEE MAKER

さっそく、実際に水出しアイスコーヒーを淹れてみたいと思います。

ざっくりとした流れは

  1. コーヒー粉・氷を入れる
  2. 水を注ぐ
  3. 抽出時間を決める
  4. 抽出→完成

準備するものはコーヒー粉だけなので本当にお手軽。
注意事項を含めて、写真で詳しく見ていきましょう。

STEP
コーヒー粉を入れる
中細挽き

まずはコーヒーカップにコーヒー粉を入れます。

【コーヒー粉:水=1:15】が美味しい比率となっているそうで、

400mlの場合は27g
600mlの場合は40g

400mlならコーヒー27g
◆ 600mlならコーヒー40g

という感じ。
ちなみに今回は600mlを抽出するので、40gで準備しています。

コーヒーの挽目は【中細挽き〜中挽き】くらいがオススメ。
豆の種類や焙煎度など、お好みでいろいろ調整してみてください!

STEP
氷を入れる
氷カップの約2/3くらい

氷カップの約2/3ほど氷を入れます。
(写真はちょっと多くなっちゃいました)
家庭用の氷で全然OK。

…ただ、溶けづらくキュッと締まるロックアイスがよりオススメ。

抽出中に氷が本体の抽出ボールに触れてしまうと抽出ができなくなってしまうため、氷を入れる際は高さにご注意。

STEP
本体にセットする
本体・氷カップ・コーヒーカップをセット

コーヒーカップ、氷カップを本体にセット。

STEP
ガラスサーバーに水を入れる
ガラスサーバーに水を入れる

ガラスサーバーの目盛りを参考に水を入れていきます。
今回は600ml。

600ml

最大値の600mlを超えたり、最小値の400mlを下回ると正常に作動できない恐れがあるのでこちらもご注意。

STEP
本体をガラスサーバーにセットする
本体をセットする

本体をサーバーにセットします。

本体にはパッキンがついているので、奥までギュッとはめ込みます。

本体のパッキン
セットした状態

もう美味しそう。

STEP
電源を入れて、抽出時間を選ぶ
抽出時間:15分
抽出時間:30分
抽出時間:45分

電源ボタンを2回連続でタッチして電源をON、抽出時間を選びます。

抽出時間は「15分/30分/45分/カスタム」から選べるようになっていて、
「カスタム」は1分〜99分まで1分単位で設定が可能。

せっかくの “水出し” なのでスッキリ・クリアなテイストに・・って方はまずは15分がオススメ

抽出時間を決めたら
もう一度電源ボタンを1回タッチすることで抽出開始!

抽出開始
抽出開始
STEP
抽出を待って→完成!
抽出中

抽出が始まると、サーバー内の水がゴポゴポと上下に行ったり来たり。

水が上下にゴポゴポ

本体パネルには抽出残り時間が表示されます。

抽出残り時間
抽出残り時間
完成

完成!

これ、本当に15分で作ったの?

完成

肝心の味・美味しさについて

「本当に15分で作ったの?」と疑いたくなるくらい

美味しい。

薄すぎるとか濃すぎるとかもなく、
普通に水出しアイスコーヒーとして美味しいんです。

「コールドブリューのまろやかな口当たり+メッシュフィルターのコクのある味わい」がちゃーんと出てる。

何がスゴいって、これが15分で出来ちゃうこと。くどいですけど。

ちゃんとコールドブリューの味

好みのコーヒーテイストに調整ができる

「COLD BREW」COFFEE MAKER」のもう一ついい点が

好みのコーヒーテイストに調整できること

「自動抽出」と聞くと一見、調整できる部分が少なそう・・な気がするんですけど
抽出時間が1〜99分まで設定できるので、思っている以上にテイスト調整の懐が深い。

もっと言うと、コーヒー豆の種類や焙煎度、挽目なんかも多種多様なので、ドリップと同じくらい、下手したらもっと自由度は高いかもしれません。

COLD BREW COFFEE MAKER

残念な点が1つ…

反対に、どうしても気になる点が一つありまして、

600mlも抽出できるのに、

蓋がない・・

蓋がない

冷蔵庫に入れるときはもちろん、出しっぱなしにしておくときも、
注ぎ口が大きいので余計に気になっちゃうんですよね、埃が。

簡易的でもいいので、蓋的なモノが付属してたら尚良かったなぁ。

COLD BREW COFFEE MAKERレビュー│まとめ

抽出開始

15分で水出しアイスコーヒーが抽出できるコーヒーガジェット
「COLD BREW COFFEE MAKER」のレビュー・ご紹介でした。

最後の最後で「蓋がない!」とか言ってるんですけど、それ以外は本っ当に大満足

あの “8時間待ちコールドブリュー” が「飲みたい」と思ったときに飲めるなんて。しかも淹れたて新鮮。

開発した人はきっと「いやいや8時間!さすがに長いよ!」って思ったんだと思います、たぶん。

\ Makuake先行販売 /

COLD BREW COFFEE MAKER

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次