私服に自信がない社会人も大学生も、はじめの一歩教えます。Part3 ~シルエット篇~ | isiki Factory

Fashion Style

私服に自信がない社会人も大学生も、はじめの一歩教えます。Part3 ~シルエット篇~

              

Part1・Part2では"ファッションの知識"ではなく、前提をお伝えしました。

ここからやっと!洋服の具体的な内容に入っていきます。
恐らく皆さんが気になるのはここからですよね!

はじめの一歩なので、小手先のテクニックではなく変わる事のない基本をお伝えします。

基本がわかっていないと、どこかで迷子になってしまったり間違った情報を鵜呑みにしてしまうので、トレンドに流されない基本を押さえておきましょう。

基本を押さえる事が「ダサい」と思われない一番の近道です。

 

Part3

 

スポンサーリンク

まえがき

Part3ではやっと具体的なファッションのお話になります。

インターネットで検索すると、とんでもない量の情報があってどれももっともらしい事が書かれていますよね。
きっと苦手意識がある人が正確な情報を探すのはハードルが高いと思います。

 

さらに、
どうも初心者をカモにしているようなサイトや、内容のコピーだけで真意がズレているサイト、
やたらと謎のブランド通販サイトを押しているサイトなど、
「この表現は勘違いさせるなぁ…。安物買いの銭失いじゃん…。」というサイトが多いと個人的に感じます。

 

何を参考にするかは人ぞれぞれなのなので、ここではあくまでisiki Factoryからの提案。

自信がない人も苦手意識がある人も、まずはファッションのはじめの一歩が出せるように。
今回は意識するだけでオシャレになっていくシルエットのお話。

 

全体像。ベースとなる3大シルエット

アイテムを選ぶ前に覚えておきたい事

それはシルエット。
上から下までの全体像です。ファッションの用語ではラインなんて言い方をします。

シルエット

 

シルエットの概念を知っているだけで、下手に迷うことはなくなります。
購入時もコーディネイトする時も、ピンチな時こそ助けてくれる基礎知識。

 

また綺麗なシルエットは全体のバランスも良く、違和感が出ないので
スタイル自体がよく見えたり、全体的なまとまりを作ってくれる。

総じてオシャレに見えるので、初対面の人でも好印象を持たれやすい。

 

さっそく、押さえておきたい王道の3大シルエットをご紹介します。
言葉自体はどこかで聞いた事はあるはず。

 

Aライン

1955年、クリスチャン・ディオールがコレクションで発表したシルエット。

「上が小さく、下 (裾) に向かって広がったり大きくなっていくシルエット」です。
アルファベットの「A」に形が似ている事からAラインと呼ばれています。

 

女性のロングスカートが形としては一番わかりやすいかもしれませんね。

しかし性別に関係なく、わかりやすい言い方に変えれば
「上のボリュームを小さく、下のボリュームを大きくする」
というのがAラインです。

Aライン

参照 : Yohji Yamamoto2013aw

 

トップスはタイト、パンツはワイド。
みたいな感じがわかりやすいと思います。

特徴…

下が大きめになるので、体型で言えば足の太さが目立たなくなります。
反面、下に重心 (視線) が向くので足が短く見えやすかったりもします。

そんな時はトップスとパンツを同色にしたり、トップスの着丈を短くして
バランスを取るとよりスタイルを良く見せる事ができます。
ボーイッシュ、男性的なシルエットとも言われます。

上の画像はコレクションの画像ですが、
一般的にはカジュアルなイメージが強いラインかもしれません。
太めのデニムやカーゴパンツとか。

 

Yライン

同じく1955年、クリスチャン・ディオールによって発表。

Vラインとも言われたりします。
Aラインとは反対に、「上から下に向かって小さくなるシルエット」
これも同じくアルファベットの「Y」の形を彷彿させるからYライン。

 

最近よく見るの事が多いシルエットが、このYラインではないでしょうか。
「上にボリュームがあり、下はボリューム少なめ」

と言ったスタイルなので、
タイトなパンツが一般的になってきた現代は必然的に多くなりますよね。
冬場アウターを着る時なんかも結果的にこのYラインになっている事が多いです。

Yライン

dior homme17ss

 

特徴…

パンツがタイトなので全体的にスマート、カッコ良くキマります。
洋服を選ぶ際も、パンツは意識してタイトめを選ぶようにしましょう!
重心 (視線) が上に向くので身長が高くスタイルが良く見えるのもポイントです。
ただ、やりすぎるとバランスが崩壊するので最初は注意が必要!

Aラインとは逆に、パンツがタイトなので足を細く長く美しく見せる事ができます。
細い体型がコンプレックスな人でも安心!逆にプラスに活かせます。
最近は男女の服装の概念が変わってきているので一概には言えませんが
中性的・女性的なシルエットと呼ばれています。
モードなどの、カッコイイ・キレイめよりのラインといったイメージ。

 

Iライン

Aライン、Yラインは上下どちらかにボリュームを増やしていましたが
Iラインは「上下同じボリュームのシルエット」となっています。

もっともスタンダードなシルエットですね。
ボリュームの偏りがない直線的な形からアルファベットの「I」と呼ばれています。

Iライン

参照 : saint laurent 16ss

 

特徴…

最もスタンダードなシルエットになっています。
そのため一番大人っぽい印象になるのがこのIライン。
個人的には一番オススメのシルエットです。

 

AやYラインと違い、上下どちらにもボリュームの偏りがないので、
基本的に縦のラインが強調されます。

この縦ラインを太くするか細くするかで印象が変わってきますが
特別な理由がない限りは細くした方が断然かっこいい!
基本的にジャストサイズ、またはタイトなサイズを選ぶ事が重要です。

 

意図せず縦のラインが太くなってしまうような中途半端なサイズになると
場合によっては野暮ったく見えてしまうからです。

体型が太っていようが痩せていようが、サイズを間違えなければ決して野暮ったくは見えないので
大きめのサイズを選ばないよう注意してください。

 

また、IラインもYラインと同じようにスタイルが良く見える事が特徴。
スーツスタイルなんかは正にIラインなのですが、
ジャストサイズで着用してる人はスタイル良く見えますよね。
大人っぽく、スタイルが良く、トータルで落ち着いた印象のこれぞスタンダード。

 

男女ともに似合う最もスタンダードなシルエットで、細い縦ラインを強調!
というIラインですが、逆に言えば体型を隠しづらい点も特徴です。

ジャストサイズであれば正直ファッション的に問題はないのですが
お腹や太ももなど、特定の部位にコンプレックスがあって、どうしても気になってしまう場合は
そこをカバーできるAやYラインの方が最初はファッションを楽しめるかもしれません。

 

 

シルエット篇のまとめ

覚えておいて損はない、、
というより絶対に知っておいた方が役に立つシルエットについての知識。
ぜひ、ざっくりと頭の中に入れておいてほしい。

Aライン ☞ カジュアルよりで下のボリュームを大きく
Yライン ☞ キレイめよりで上のボリュームを大きく
Iライン  ☞ 大人っぽいイメージの絶対的スタンダード

 

基本とはいっていますが、大体のイメージを掴んでいればOKです。
イメージを掴めていれば後々応用も効きますし、ラインだけに捉われて頭でっかちになってしまっても楽しめないですからね。
この3シルエットでも敢えてバランスを崩したり、外してオシャレにすることもあります。

概念を初めて知ったアナタ!是非これから意識してみてください。自分の好きなシルエットを探して着ている姿を想像すると楽しくなってくると思います。だんだんと自信が持てるようになってくるのはここからですね!

 

Part4では流行り廃りのないアイテムの話。
続きはコチラから!

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

-Fashion, Style