【CT70】情報まとめページを作りました >>>

ナイスカットGの新色”イルカナネイビー” コラボモデルはシックな装い。

ナイスカットG ネイビー

自宅ミル (グラインダー) の代表「Kalita ナイスカットG」から、

ついに待望の新色が登場しました!

 

これまでは「アイボリー」と「クラシックアイアン」の二色展開、

そして今回登場した新色は、

イルカナ (ILCANA) が別注をかけた “ネイビーモデル” 

 

スペックは変わらず、カラーリングのみの変更なのですが、
これまでのナイスカットGとは雰囲気・印象が異なり、かなりシックな装いに。

4月発売予定となっていて、
これから電動ミルを選ぶなら

“ナイスカットG ネイビーの独壇場になるんじゃないか” ってくらいカッコイイ。

…今電動ミルを持っていなかったら間違いなくコレを買うと思います。

 

[blogcard url=”https://isikifactory.com/coffee/succession-machine-nicecutg”]

 

ナイスカットG ネイビー

ナイスカットG ネイビー

よりレトロなデザインになった「ネイビーモデル」

ナイスカットミルの後継機として登場したナイスカットG。

デザインも旧ナイスカットミルから引き継いでいるので、
そもそもレトロな雰囲気を持っていたのですが、ネイビーになったことによりさらにレトロ感が増しています。

 

レトロなデザイン

よりレトロなデザインに

 

横から

横から

 

ほのかに暗い部屋に置いてあったら絶対渋いですね。
デザインがマッチしてカフェっぽい雰囲気になりそう。

スペックや付属品は変わらないので、
受け缶にもしっかりカリタのロゴが入っています。
もちろんクリーニングブラシも付属。

 

受け缶

受け缶の「カリタ」ロゴ

 

豆を入れるホッパー

豆を入れるホッパー

 

イルカナが別注をかけるコーヒーグッズは毎回いい感じのカラーなんです。

「あったらいいな」って色をシレッと出してくるあたりが憎い。

 

参照:HARIO (ハリオ) のセラミックドリッパーは色がいっぱい!別注含めてどれ選ぶ?

参照:今度はオレンジ!?ハリオのセラミックドリッパーにまたも新色が登場

 

 

 

 

ナイスカットGのスペック

ナイスカットG ネイビー

 

レトロな見た目のナイスカットGですが
見た目とは裏腹に中身のスペックは最新式。

 

■ 本体重量:2.3kg
■ 電源:100V / 120W
■ 挽き方:カッティング式
■ ホッパー・受け缶容量:50g
■ 能力:100g / 分  (カリタ挽き)

1分間に100g挽くことができるスペックです。

 

楽天でナイスカットG「イルカナ」モデルを探す

 

基準がないので、これが早いのか遅いのかは説明しづらいですが、

豆を挽くスピードはある程度遅い方がいいとされています。

スピード重視で豆を挽いてしまうと、摩擦熱が発生してしまうので
コーヒー豆が余計に加熱されてしまうんですね。
つまり豆を挽くだけでちょっと痛んじゃうということ。

 

そういった余計な加熱を防ぐために、ゆっくりと (とは言っても手挽きよりは圧倒的に早いですけど) 豆を挽くことが重要。

モーターの熱が影響しないよう、カット刃とモーターの間に大小のギアを入れて熱の伝導を抑えるという設計もされています。

 

ちなみにナイスカットGよりも上位機種のネクストGはさらに遅く、
「50g / 分」なのでかなりゆっくり。カリタのこだわりがスゴイ。

 

 

2018年4月に発売

2018年4月発売

2018年4月発売

 

ネイビーモデルは2018年の4月に発売予定となっています。

待ち遠しいです。

具体的な日にちまでは発表されていないので、
わかり次第追記していこうと思います。

 

ちなみにお値段は¥35,000 (税抜き)。

アイボリーとクラシックアイアンの実売価格より¥15,000ほど高いですね。
でも欲しい。

 

 

 

まとめ

ナイスカットGの新色、ネイビーのご紹介でした。

ワタシは旧ナイスカットミルを使っているのですが、
このネイビー、もの凄く魅かれます。

でも絶対二台もいらない…
悩ましいです。

 

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"