コレ!このデザイン!ナイスカットミル待望の後継機 "ナイスカットG"登場 | isiki Factory

Coffee Coffee Tools

コレ!このデザイン!ナイスカットミル待望の後継機 "ナイスカットG"登場

              

Kalitaから出ている超有名な電動ミルの代表ナイスカットミル2016年の3月に廃盤になってしまいファンには悲しい衝撃が走りました…。きっと。

そして、ナイスカットミルの後継機のように現れたのがNEXT Gナイスカットミルがパワーアップした次世代の電動ミルで、"G"はジェネレーションのG。

ここ1年の間にKalita電動ミルのラインナップが変わっていったのですが、ついに来ました!おそらくナイスカットミルの正統進化・後継機と思われる新型ナイスカットG

ナイスカットミルのデザインとNEXT Gの性能を引き継いだ魅力の新型機。これから電動ミルを購入しようと思っている人には絶対オススメ!

 

【随時更新】記事の後半に少しだけ追記情報を記載しています!

 

ナイスカットG

スポンサーリンク

レトロ感を引き継いだデザイン

全貌と比較

ナイスカットG全貌

ナイスカットG アイボリー

 

ナイスカットGデザイン

ナイスカットシリーズ デザイン比較

 

写真の左と中央がナイスカットG。カラーはアイボリーとクラシックアイアンの二色展開。

右のナイスカットミルと比較してもレトロなデザインをそのまま引き継いでいますよね。ボディだけ見ると「色違いかな?」と思うほど。
見た目で大きく変更されたのはホッパー (上部の豆を入れるところ) と受け缶。受け缶には「カリタ」のロゴが入っています。

他には、挽き目ダイヤルのデザインがシンプルにドリッパーの絵だけになっていたり、ボディ本体横のロゴがちょっと変わったり。
気付きにくいですが、本体に巻かれているテープ色も金色から銀色へ変更されています。

 

変更点

ホッパーとKalitaのロゴ

 

NEXT Gは性能が良くなった代わり?にデザインが結構変わってしまったので、ナイスカットミルのレトロなデザインが好きな人は完全にナイスカットGの一択になりそう。

 

性能もしっかり進化してる!

高性能のNEXT Gの後に出ただけあって、ただのマイナーチェンジではない様子。
サイズや重量はナイスカットミルとほとんど変わりないのですが、気になるスペックの違いをまとめてみました。

ちなみにサイズはどちらも【幅120mm・ 奥行き218mm】で一緒。
高さはナイスカットミルより6mmだけ低くなって【高さ・337mm】となっています。
ホッパーの形状が変更したからなんでしょうね。

スペック

大きく変更されたスペック

 

カッター

ナイスカットGのカッター

 

挽き方は共にカット式 (カッティング) で変更はなし。

 

【2017/6  追記】
Kalita様に問い合わせたところ、
カット刃自体、ナイスカットミルと全く同じもの。メンテナンスの方法もナイスカットミルと一緒です。

 

大きく変わったスペックが容量時間
なんとなく「全体的に数字が減ってるじゃん!」と思うかもしれませんが、
ここが進化したポイントです。

 

ホッパー200g→50g・受け缶100g→50gへ減った理由

ホッパーと受け缶、つまり豆を入れる量と挽ける量が少なくなった事で
「今淹れるのに必要な量だけを挽く」というスタイルになります。

コーヒー豆は挽いた瞬間から劣化が始まってしまうので、
コーヒーを美味しく飲むためのKalitaの考え方が出ている仕様。

 

時間が長くなった理由

1分あたりに挽ける量が−30g減少。ということは、同じ量を挽くには今までより時間がかかるということ。

一見「ダメじゃん!」と思うかもしれませんが、
挽く時間が長くなる事により摩擦熱が起きにくく、コーヒー豆への余計な加熱をセーブするという事になります。

出来る限り豆を痛めないという考え方ですね。
上位機種のNXET Gは"50g/分"らしいですし。

 

デザイン継承・性能進化という結果

容量と時間、共にNEXT Gを踏襲するスペックで、
まるでナイスカットミルのデザインとNEXT Gの性能を兼ね備えたかのようなミル。

間違いなく電動ミルの主流になっていきますね。
この先電動ミルを買う予定の人はコレだと思うとちょっと羨ましいです…

 

 

まとめ

ナイスカットミルとNEXT Gの美味しいとこ取りをしたような新型ミル"ナイスカットG"
Kalitaのホームページには特設ページもなくシレーッと登場したところが憎い。

今後使用したレビューも増えてくると思いますので、これから電動ミルを買おうと思っている人には超オススメ。チラっとAmazonで見たところナイスカットミルの方が高い…。プレミア価格的な事なのかな。
買えるうちに、あえてナイスカットミルの方を選ぶというのもアリ!

 

ナイスカットGのお手入れ記事を更新しました!
ナイスカットG・ナイスカットミル共通!お手入れの方法を写真でお届け。

 

【随時更新】8/2ちょっとだけ追記

ナイスカットG、変わらずにバンバン売れてます。
自宅でコーヒーを淹れる人が増えてくると、みんなのレビュー的な情報が追加されるのでコーヒーフリークには嬉しいですよね。

 

お値段情報ですが、
Amazonは安定して2万円台!まだまだ2017/8の時点でも変わらず楽天よりAmazonの方が安い

少し前の追記で、「アイボリーが2万5000円台になった!」って書いたのですが、
元に戻った…というか、むしろ少し高くなったかな?

そして、クラシックアイアンは2万6000円台で最近は安定してます。

 

なんとなく、どちらのカラーも値段が徐々に上がっている感じなので、

購入を考えている方は早めに買っちゃった方がいいかも。

欲しいときに買うのが一番ですけど、
「あのとき買ってればもっと安かったのに!」って後悔は、けっこうダメージですもんね。

 

不具合もなく、壊れるまで一生モノと考えると、それでも安いんだと思います。
カット刃もナイスカットミルとまったく同じ物なので、消耗品も簡単に交換できて安心。

東急ハンズ

東急ハンズ渋谷店での価格

 

参考までに、東急ハンズ渋谷店のお値段 (39,800円 + 税)。
ハンズさんには申し訳ないですが…高っ!
Amazon価格を見慣れていると正規の価格はやっぱり高く感じます。

どっちの色を選ぶかは、好みやインテリアによって変わってきそうですが、
このサイトでは完全にクラシックアイアンの方に人気が集まっています。

個人的には今もアイボリーが欲しい。ただ、そろそろクラシックアイアンに傾きそう…。
ちなみにクラシックアイアンの実物は写真よりも色が濃い!確かにかっこいい!

クラシックアイアン

初めての電動ミル購入であれば、
最新モデルかつ値段的にも、ナイスカットGがベストチョイスだと断言できます。

ただ、もしかしたら数年後には「ナイスカットミルが渋い」なんて言われるかも。どんなジャンルでも名機が絶版になると「旧タイプがいい」ってなりかねない。
ワタシはナイスカットミルを使用していますが、大満足してます。

ちなみにナイスカットGには付属でミルブラシが付いて来ます!
お手入れするときの必需品なので、別途買うよりも地味にお得!
付属ミルブラシ

 



この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

-Coffee, Coffee Tools