これは一生モノ!オシャレなWichard社のカラビナは一つ持っていると便利! | isiki Factory

Goods & Tools Style

これは一生モノ!オシャレなWichard社のカラビナは一つ持っていると便利!

              

カラビナって持っていると何かと便利なんですけど、どれがいいか中々決められないんですよね。登山とかアウトドア用のゴツいのは「なんかなぁ」と思っちゃって、結局100均にあるような普通のを使っている人も多いのでは?

ワタシはそんなタイプだったのですが、この度清々しく壊れてしまったので真剣にカラビナを探していたら見つけました!オシャレで一生使えるカラビナ!登山用のモノみたいにゴツくなくてシンプルスマート。そして超頑丈

オススメのカラビナは?って聞かれたら即答できるくらいオススメのWichard社カラビナをご紹介します!持っていて困る事はまずないので男性へのちょっとしたプレゼントにも最適です!

Wichard

スポンサーリンク

Wichard社 (ウィチャード) のフランス製カラビナの魅力

歴史と実力がスゴい!

1911年創業からずっとフランス国内でカラビナの製造を行っているWichard(ウィチャード)社
元々はヨットのロープを固定するための鋳造金物を製造していたマリン用品メーカーです。

ヨットのロープを固定できるだけあって、その品質は質実剛健!ステンレス・スチールでできたWichard社のカラビナは、現在では宇宙飛行士にまで使われているレベルです。

100年以上made in Franceで続けている製品は伊達じゃない!

デザインが素晴らしい!

まるでシルバーアクセサリーのようなデザイン性!だけどそこまで主張しすぎない。

ワタシは小銭入れをボトムスのポッケに入れているのですが、わかりやすくデニムに合わせるとこんな感じ。

デニムと合わせた状態

デニムと合わせた状態

どうでしょう、丸みを持った美しいデザインがスタイリッシュで目を引きます。
だいぶ使っているのでライトを当てると小傷がありますが、その傷も良い使用感が出る雰囲気を持ってますよね。
ずっしりと重厚感があるので所有欲も満たされる…と思います。

Wichard社の製品はフランスの有名ブランドMaison Margiela (メゾン マルジェラ) でもアクセサリーパーツとして使われているくらい、デザインと実用性を備えています。

シャックルと組み合わせて一層オシャレ!

実は上の写真では、カラビナとシャックルを組み合わせて使っています。
どういう事かと言うと

シャックル

シャックル単品

シャックルを単品で見た状態。馬蹄のような形をしているコレがシャックルです。
カラビナとシャックルを組み合わせると普通のカラビナとは違うボリューム感が出てきます。
「カラビナをもう少しオシャレにしたい」と思っている人にはシャックルとの組み合わせがオススメです!

シャックル

カラビナとシャックルを合わせた状態

留める部分はネジ式になっているので、一般的なダブルリングと違い爪や指を痛めない!
個人的にダブルリングがあまり好きでないので、ネジ式になっているのはポイントが高いですね。また、「ネジ式だと知らないうちに取れたりしない?」と思うかもしれませんが、恐らくありえないと思います。これは実際触らないとわからないのですが、ネジを締める後半になるとカチッカチッとロックされるので知らずに取れている事はまず無い。少なくともワタシは何年も無事に過ごしております!

上記はワタシが使っているシャックル。
他にもちょっと捻ってあるツイスト型もあるので、お好みで選んでもいいと思います!
画像が小さいですね…

まとめ

Wichard社のカラビナとシャックルはシンプルなデザインなので飽きずに一生使えるアイテムになるのではないでしょうか。作りももちろん頑丈ですので壊れる心配もありませんね!予想外の使い方をした場合は、知りません…
オシャレなカラビナを探している方や、ちょっとしたプレゼントを探している方に超オススメWichard社カラビナのご紹介でした。

この記事が気に入ったら
ぜひ "いいね !"

-Goods & Tools, Style